浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

調査事例

夫や妻、恋人の浮気は他人事ではありません。
それは、あなた自身が実感していることだと思います。

ここでは、同じ悩みを持ち、そして決断したお客様の体験談をご紹介します。
悩んでいるのは自分だけではないということ、 そして自分が行動すれば何かが変わるということ。
それを感じていただければ、目の前の壁を一つ乗り越えられるはずです。

※掲載している事例は、お客様のご承諾をいただいたものです。

妻の浮気調査

残業や休日出勤は浮気をするのに好都合

お客様
G様(30代の男性、結婚5年目)
相談内容

G様が妻の浮気を疑い始めたのは、帰宅時間が遅くなったことがきっかけでした。
これまでの帰宅時間は遅くても夜7時でしたが、残業をしなければいけなくなったと、週に数回、夜10時頃の帰宅になることがありました。

当初は子供の世話を協力して行なっていましたが、ある日の帰宅が夜中12時を回りました。
残業終わりに同僚と食事をしたとのことでしたが、それ以降の妻の様子を観察していると、携帯電話を触る回数が増えたような気がしました。

これまでは全く浮気を疑う事はありませんでしたが、その時に初めて浮気をしている可能性を感じ、調査依頼に至りました。

調査結果

調査を行なうと残業が全くのウソであることが分かりました。
夕方6時前に退社した後、男性と接触し、食事の後、ラブホテルに入りました。

食事からラブホテルへの流れは毎回同じ、三回の証拠を押さえることに成功しました。
男性の素性を調べると妻との接点は見つからず、その後の調査でネットで知り合った可能性が浮上しました。

結果報告

子供を家に残して浮気をしている事実に、G様は怒りを通り越し、失望を感じました。
2人の子供の親権、相手男性への慰謝料請求など出来る事は全て行なうことを決意したことで、自分の気持ちにも段々と整理がつきました。

片親で2人の子供を育てるのは大変だということは承知の上、両親にも協力してもらいながら、第二の人生をスタートすることを決めました。

別居の始まりは浮気の始まり

お客様
H様(40代の男性、結婚12年目)
相談内容

H様の妻は以前浮気をしていたことがありました。
その時は「二度と浮気はしない」と懇願された為、許すことにしました。
しかし、その後の夫婦関係はぎくしゃくしてしまい、別居生活が始まりました。

別居生活が約3ヶ月が過ぎた頃、10歳のお子様の学校行事の件で妻に電話を掛けましたが、自宅の電話も携帯電話も繋がりませんでした。
後日妻から折り返しの電話が掛かって来た時に理由を聞いても、「ちょっと出掛けていたから」と明確な理由はなく、以前浮気されたことが頭を過ぎり、調査依頼に至りました。

調査結果

妻の別居先で調査を実施すると、夕方から夜にかけて男性が数時間滞在しました。
しかしそれだけでは浮気の証拠とはならず、追加調査が必要でした。

週末を中心に更に数回の追加調査を行なうと、同じ男性が別居宅に宿泊する様子や、男性の車で温泉旅行に出掛ける様子など、証拠として押さえることに成功しました。

結果報告

結果を知ったH様は、再び妻が浮気していた事実に憤慨しました。
お子様の年齢を考えると離婚を躊躇しましたが、お子様が「パパと暮らしたい」と言った事で、自分が努力する事で乗り越えられると決意し、離婚をする事に決めました。
妻と浮気相手の男性には、浮気の証拠を元に慰謝料請求を行ないました。

同窓会での再会は浮気のきっかけ

お客様
K様(40代の男性、結婚14年目)
相談内容

K様の妻は20年ぶりの高校の同窓会に出掛けました。
同窓会から帰って来て感想を聞くと、「そんなに盛り上がらなかった」と、あまり楽しかった様子ではありませんでした。 しかし、既に妻の嘘は始まっていました。

それから暫くは変わらない日々が続きましたが、ある休日に友達と出掛けて来ると、朝から外出して行きました。
夕方前には帰って来て夕食の支度をしていましたが、出掛けた先の話を聞いても反応は薄く、あまり話そうとしませんでした。
それからまた一ヶ月後に同じようなことがあり、浮気を疑い始めました。

調査結果

不審な日は一ヶ月に一度だけだったので、その日にピンポイントで調査を行いました。
電車を乗り継いで行った繁華街で同年代の男性と接触し、ホテルにチェックインしました。

ホテルを出た後は手を繋ぎながら歩き、仲睦まじい様子を浮気の証拠と共に、撮影することが出来ました。

結果報告

結果を見たK様は、浮気相手の男性と準備してきた同窓会の集合写真とを見比べました。
すると同窓会の写真に同じ男性が写っており、予想した通り再会した同級生だったのです。
今は学生の頃に戻ったように舞いあがっているだけだろうからと離婚などは考えず、妻に事実を見せて浮気を止めさせ、浮気相手の男性には慰謝料請求を行いました。

専業主婦の浮気は要注意

お客様
L様(30代の男性、結婚7年目)
相談内容

L様が専業主婦の妻の浮気を疑ったきっかけは、普段の様子の変化からでした。
それまでは特に違和感をなかったのですが、ある時にふと最近なんだか機嫌が良いなと感じるようになりました。 妻の機嫌が良い事に夫婦間が上手くいっていると自分も満足していましたが、それは大きな間違いでした。

ある休日、幼稚園に通う4歳の息子を連れて公園で遊んでいると、息子から幼稚園に妻が迎えに来た時に赤い車から降りたのを見たという事でした。
妻は車は所有はしておらず、普段は家から歩いて迎えに来ていました。
浮気を疑ったわけではありませんが、妻の行動を確かめる為に調査依頼に至りました。

調査結果

L様は普段の妻の日中の行動を全く把握していませんでした。
その為、息子を幼稚園に送って行った後の平日の行動を調査を行うと、4日目の木曜日、息子を送った後に最寄り駅まで移動した後、駅前に停まった赤いセダンに乗車しました。

運転席には、妻よりも年下だと思われる男性の姿があり、その後はランチを食べた後にラブホテルに入ったのでした。
数時間後にラブホテルから出ると、駅まで妻は送られて二人は別れました。
その一部始終を証拠として押さえることに成功しました。

結果報告

証拠を見たL様はまさか自分の妻が浮気をしているとは微塵にも思っておらず、驚いて言葉を失っていました。 その後しばらく考え込んだ後、「どうしたら良いんでしょうか」と呟きました。

今の感情で結論を出してしまうのは危険だったので、考えていただく期間を設け、数日後、「妻と話し合います」と夫婦関係を見直ことを前提に話し合いをすることにしました。
但し、後日の調査で判明した以前の妻の職場の後輩だった浮気相手には慰謝料を請求するとのことでした。

↑このページのトップに戻る

彼氏の浮気調査

飲み会には注意が必要

お客様
I 様(20代の女性、交際2年目)
相談内容

I 様の彼氏は交際当初から、会社や友人との飲み会が月に何回ありました。
同棲をしているわけではないので、本当に飲み会なのか定かではありませんでした。
浮気の可能性を考え携帯電話を見ると、数人の女性とのやり取りがありました。

男女の関係と判断出来る内容ではなかった為、彼氏を問い詰めることも出来ませんでした。
結婚を考えていた為、疑いながら交際を続けていくことは出来ないと、調査依頼に至りました。

調査結果

彼氏から飲み会があると言われた日に調査を実施しました。
仕事を終えた後、友人と思われる男性数名と居酒屋に入ると、女性数名とも合流しました。

I 様には男性だけの飲み会だと話していましたが、実際は合コンだったのでした。
慣れた様子で女性の身体に触れるなどの楽しげな姿を証拠として押さえました。

結果報告

合コンを楽しむ彼氏の写真を見たI 様は「予想はしていたけど…」と項垂れ、涙を流していました。
しかし、疑い続けながら交際を続けるよりも、事実を知ることが出来てスッキリしたと、
彼氏と別れることを決め、新たな恋を探したいと晴れやかな様子でした。

↑このページのトップに戻る

彼女の浮気調査

婚約は決して安心できない

お客様
J様(30代の男性、交際半年)
相談内容

J様には数か月前に婚約した恋人がいました。
しかし彼女の家に行った事は一度もなく、「また今度ね」と何度もはぐらかされていました。
他に交際している男性がいる可能性などを考えましたが、信じたい気持ちを捨てきれず、悶々とした日が続きました。

彼女を疑うことで自己嫌悪に陥り、このまま疑い続けることに限界を感じ、調査依頼に至りました。

調査結果

J様に彼女と外食をする機会を作ってもらい、別れた後の彼女の行動を調査しました。
夕食の後、彼女はJ様に話していた自宅とは逆方向の電車に乗りました。

その後、ある駅で下車した彼女を駅前で待っていたのはスーツ姿の男性でした。
2人は手を繋ぎながら駅から数分のマンションに帰宅しました。
その後の調査の結果、彼女は男性と同棲相手していることが判明しました。

結果報告

J様は報告書を確認すると、落胆した様子で身体を震わせました。
そして、「実は彼女にお金を貸している」と告白しました。
自分の生活費の足しにする為にJ様からお金を借りていた彼女は、結婚する気など全くなく、交際していたのはお金の為だけだったのです。

調査結果を元に、婚約を破棄し、貸したお金の請求は勿論のこと、婚約指輪などの婚約に関わった全ての費用を請求し、損害額を返却させることが出来ました。

↑このページのトップに戻る

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ペー
ジトップ