妻の浮気調査事例 妻の二度目の不倫は別居中

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

調査事例
008:妻の二度目の不倫は別居中

お客様:林様(仮名)、男性、44歳、結婚12年目、子供1人

調査対象者:妻、41歳、主婦

浮気が発覚したきっかけ : 一度だけでは済まない不倫の中毒性

妻は以前不倫をしていました。その時は「二度としないから許して欲しい」と懇願された為、我慢をする事にしましたが、その後に夫婦関係はぎくしゃくしてしまい、子供は私が引き取り、別居生活が始まりました。
別居から三ヶ月が経った頃、子供の用事で妻に電話を掛けましたが、自宅の電話も携帯電話も繋がらず、翌日に折り返しの電話が掛かって来た際には「ちょっと出掛けていた」と明確な理由はなく、再び不倫の二文字が頭を過ぎりました。

所長高木のワンポイントアドバイス
一度不倫をした人の多くは二度目があります。一度目の時に反省の態度を示していた場合でも再び不倫をする場合があります。そうならない為には不倫をした事実を認めさせ、しっかりと反省をさせ、心から謝罪をさせなければいけません。夫婦関係が悪化した際には別居をすることで関係が改善をする事がありますが、別居をする意味を夫婦でしっかりと話し合う必要があります。
浮気調査を依頼した経緯 : 徹底的な証拠集めで離婚を要求

前回の不倫の時には奥様の携帯電話から不倫が発覚し、奥様が自分で不倫を認めたことで大きく揉める事は無かったようです。現在は別居中のため奥様の行動を把握することが難しく、不倫をしているかどうかの断定は出来ませんでしたが、今回また不倫をしていた場合には、離婚や慰謝料請求を含めた徹底的な話し合いがしたいと依頼に至りました。

所長高木のワンポイントアドバイス
別居中は相手の行動が把握しにくい反面、離れて暮らしていることで自由度が増す為、いつでも不倫相手と会えるなどの理由で状況によっては同居をしている時よりも不倫の証拠が集めやすい環境とも言えます。離婚や慰謝料請求を考えている場合には相手が言い逃れできない証拠を集める事が肝心です。
浮気調査の方法と準備 : 主婦の不倫は昼間が多い

別居中の奥様の行動を把握することが難しい為、まずは奥様が普段どのような生活をしているのかを確認する為の調査が必要だと考えました。
また、専業主婦だった奥様が前回不倫をしていた時にはお子様が学校に行っている昼間に不倫相手と会っていたことから、今でも同じ相手との関係が続いているのであれば同じ時間に会っている可能性があると考え、日中に調査を行う計画を立てました。

所長高木のワンポイントアドバイス
主婦の不倫の場合には夫や子供がいない日中に不倫相手と会っているケースが多く見受けられます。近所の目があるので自宅に連れ込むケースは多くありませんが、別居中などの一時的な住まいの場合にはそれを気にする必要はないので、自宅に連れ込んでいる可能性も考えなければいけません。何も分かっていない場合にはまずは普段の行動を確認してみることが必要です。
調査開始から成功まで : 別居中の自由な時間で不倫三昧
不倫

奥様の別居先のアパートから調査を実施すると、昼食時に男性が1時間ほど部屋に滞在する姿を確認しました。
前回と同様に昼間に不倫相手と会っている事が分かった為、同じ相手との関係が続いている可能性を考えて週末の調査を行いました。
すると、昼間に部屋に入った男性が別居先のアパートに宿泊する様子や男性の車で出掛ける様子などを確認し、その一部始終を証拠として押さえることに成功しました。

所長高木のワンポイントアドバイス
自宅に不倫相手を連れ込んでいる場合には、滞在時間などによっては不貞の証拠になりにくいケースがあります。その場合には複数回の証拠を集めたり、別の時間帯に調査を行ったりすることが必要です。法律の専門家である弁護士などにアドバイスを貰いながら証拠集めを行う事も必要です。
結果報告 : 子供に後押しされた離婚という選択

結果を知った林様は前回の不倫から舌も乾かぬうちに再び奥様が不倫をしていた事実に憤慨しました。
10歳というお子様の年齢を考えると離婚を躊躇していましたが、お子様が自分と一緒にいたいという気持ちを持ってくれていた事や、近くに住む両親の助けを借りる事が出来た為、離婚を決意しました。
不倫相手の男性が前回と同じだったことが分かり、妻と男性には不倫の証拠を元に慰謝料請求を行ないました。

所長高木のワンポイントアドバイス
とても残念な事ですが、一度不倫調査を依頼した方が二度目の調査を依頼することは少なくありません。それは一時的に不倫をやめても、時間が経つとまた不倫をしているということです。離婚が避けられるのであればそれが良いとは思いますが、同じ過ちを繰り返す相手であれば、お子様の為にも離婚という選択を考える事も必要でしょう。

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ペー
ジトップ