浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

探偵の尾行がバレる3つの原因の元とは?

2017年8月12日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは!夫婦間の問題解決が専門の台東区の探偵ガルエージェンシー東京上野の高木です。

浮気調査などを探偵に依頼する際、尾行がバレる心配をする方がいらっしゃいます。探偵は浮気調査、尾行のプロなので調査がバレる事を最も大きな失敗の一つと位置づけ、そうならない為の対策を十分に講じています。

浮気調査に関してはこちらのページもご覧ください。

PCサイト http://www.ueno-galu.com/

スマホサイト http://www.ueno-galu.com/sp

とは言え、実際には探偵の尾行がバレる事はあります。その原因の元は3つしかありません。

1. 探偵
2. 依頼者
3. 対象者

探偵の尾行がバレる

※こちらの写真はガルエージェンシーグループの探偵がフジテレビ系「MATSUぼっち」に出演させていただいた時の写真です。

探偵のミスで尾行がバレる

探偵のミスで尾行がバレる理由は調査力が低い事が原因です。調査力が低い原因は訓練をしていなかったり、経験が十分ではなかったりする事が挙げられます。

調査力の高い探偵を見極めるコツは、調査力が高い裏付けをしっかりと説明できる探偵かどうかを判断する事です。裏付けがある例としては、事務所を開業してどれくらい経っているのか、調査を行う探偵の探偵歴が何年かなどを聞いて、どの程度の経験があるのかを聞くと良いでしょう。この質問にしっかり回答できなかったり、誤魔化したりするような探偵を選ぶのは危険です。

依頼者のミスで尾行がバレる

依頼者のミスで尾行がバレる理由で実際にはあるケースは、夫婦喧嘩をした時についつい探偵に依頼をした事を口走ってしまったり、調査前にそわそわしてしまうなど、いつもと違う態度を取ってしまって相手に勘付かれたりしてしまうケースです。

その他には探偵の名刺が見られた、調査契約書が見られた、探偵とやり取りをしている電話を聞かれたりメールを見られたりしたケースがあります。

これらの結果、調査対象者は探偵に尾行されている事を予想しながら行動する為、尾行がバレるケースがあります。しかし、このようなミスは言動に注意をする事で防げるので、証拠を取るまでは気を抜かない事が必要です。

夫婦喧嘩

対象者が原因で尾行がバレる

そもそも探偵が尾行をする相手は、一般的に何らかしらの後ろめたい行動を取っている人物です。浮気調査であれば不倫という不法行為をしている人物です。※後ろめたい事をしている自覚がない人物も多いですが…

その為、後ろめたい行為に及ぶ際に警戒する人物がいます。例えば、振り返ったり、立ち止まったり、走り出したり、同じ道を何度も通ったり、通行人を執拗に見たりなどです。このような行動を取る事で尾行をされていないかどうかを確認しようとしています。

とは言え、私たち探偵はこのような行動を想定して調査を行っています。簡単にバレる事はありませんが、上記のような行動を執拗に繰り返すなどの場合には非常に調査が困難になる事があり、バレるリスクを回避する為、調査を中断するケースもあります。

尾行がバレる事は最大のミス

上記のように中断をする理由は、その日に証拠が掴めなかったとしてもバレていなければ再チャレンジが出来るからです。冒頭にも書きましたが、調査がバレる事は探偵にとって最大のミスであり、バレた事で調査が出来なくなり、依頼者が必要な証拠を集められない状況になってしまいます。

探偵の尾行

私たちガルエージェンシー東京上野では他の探偵事務所で失敗をした案件もお受けする事があるのですが、失敗をした原因を探り、細心の注意を払って準備をする事で証拠を掴めたケースはたくさんあります。

過去に調査を失敗してしまった経験がある方でもまだ悩みが解決出来ていない場合には諦めずにご相談下さい。失敗を生かし、成功できる調査を提案致します。

浮気調査の詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

PCサイト http://www.ueno-galu.com/

スマホサイト http://www.ueno-galu.com/sp

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ