浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

メール履歴で浮気調査の成功率アップ DMやMessengerも要チェック

2017年6月28日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは、夫婦間の問題解決が専門の探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

このブログで何度も紹介をしていますが、夫や妻の不倫に気づいたきっかけで一番多いのは、携帯電話やスマートフォンのメール履歴やLINE履歴です。メール履歴に残っていた不倫相手とのやり取りの内容から二人の関係性が友人なのか、会社関係なのか、それとも不倫関係なのかを把握する事が出来ます。

メール履歴は二人の裸の写真などがある場合を除き、肉体関係があったことを直接的に表現している内容だったとしても、それだけでは証拠になりにくいと言われています。想像で話していただけなどと言われる可能性があるからです。しかし、どのような証拠でも残しておいた方が良いと言えます。

浮気調査とメール履歴

メール履歴やLINE履歴を残しておく方法としては、スクショと略されるスクリーンショットでやり取りの画面を撮影した後、自分のスマートフォンやパソコンなどに転送する方法があります。ただし、この方法は手間の問題や履歴などの消し忘れで相手にバレてしまうリスクなどがあります。

この方法よりも不倫相手とのやり取りが映っている相手のスマートフォンの画面をデジタルカメラやビデオカメラ、自分のスマートフォンなどで直接撮影してしまう方が簡単です。これであれば撮影をしながらスクロールしたり次のページに移動したりする事が出来るので、一気に複数の内容を撮影できるので、非常に手間が省けますし、履歴も残りません。

この際には夫や妻の携帯電話やスマートフォンだと分かるように、画面だけでなくスマートフォン全体が写るような写真も撮影しておくと良いでしょう。

不倫相手とのメールを撮影

また、メール履歴にはショートメールやEメールなど以外にもTwitterのDM(ダイレクトメール)やFacebookのMessenger(メッセンジャー)などに代表されるSNS上のメールのやり取りも存在します。夫や妻に不倫がバレないように、このようなツールを利用して不倫相手とやり取りをしている可能性があります。

夫や妻がTwitterやFacebookを利用していたり、メール履歴に何も残っていなかったりした場合には、このようなツールも確認するようにしましょう。

その他には仕事用として別に持っているスマートフォンや会社から支給されている携帯電話を不倫相手との連絡に使用しているケースがあります。夜間や休みの日でも仕事用の携帯電話に着信があり、メールなどが届いている場合には、仕事を装って連絡を取り合っている可能性があるので注意が必要です。

メール履歴から得られる情報は不倫の証拠を集める上では最良の情報と言えます。ここで手掛かりが得られれば、効率的な浮気調査が出来るので賢く活用しましょう。

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ