浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

浮気調査を格安で依頼する為の方法とは その2

2016年9月24日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

昨日の記事で、浮気調査を格安で依頼する為には「調査日数」「調査時間」「探偵の人数」「必要経費」を減らすことが必要だということを紹介しました。昨日は「調査日数」と「調査時間」を減らす為のポイントを紹介したので、本日は「探偵の人数」を減らすポイントをご紹介します。

浮気調査の基本的な方法は調査対象者となる人物(夫や妻)を尾行をする方法です。尾行をする探偵の人数は調査対象者の移動手段や調査開始場所となる場所によって決定されます。

浮気調査を格安で頼む

どのようなパターンにせよ浮気調査には最低2人の探偵が必要です。1人の探偵だけでは対処が困難になる場面が多々あるからです。単純にトイレなど生理現象が起きた時にも、探偵1人の場合にはトイレに行く余裕を作る事も出来ません。

また、調査開始場所となるマンションや職場のビルなどの出入口が複数あり、どの出入口も利用する可能性がある場合には、その出入口の数だけ探偵が必要になる場合があります。更に移動手段が自家用車、電車、タクシーなど様々な方法が考えられる場合には探偵の人数は多くなる傾向があります。

このようなポイントを踏まえて探偵の人数は決まりますが、ここで一つ「こんな提案をする探偵事務所は注意して欲しい」という点をご紹介します。

それは「調査対象者に調査をしていることが発覚しないように(バレないように)途中で探偵を交代します」という提案をし、尚且つその交代分の人数まで料金に換算してしまう探偵事務所です。例えば2人の探偵が必要な浮気調査で、交代要員として更に2人の探偵を準備した際、「待機料金など」と言って合計4人の調査料金が発生する場合です。

私たちガルエージェンシー東京上野も調査発覚を避ける為に途中で探偵を交代する方法を用いていますが、調査料金は常に稼働している探偵の人数だけなので、上記の例で言えばお客様に請求する料金は2人分だけです。上記の悪い例のような料金計算をする探偵事務所にはご注意下さい。

また、必要以上の探偵の人数で調査をする探偵事務所もあります。一般的な尾行に必要な人数は2~3人です。4人というケースは稀なケースです。※”尾行”に必要な人数なので、調査開始場所の出入口が複数ある場合の”張り込み”に必要な人数とは異なります。

探偵の人数が多ければ成功する可能性が高いという事では決してありません。必要最少人数で調査を成功させる事がプロの仕事と言えます。探偵の知識が無い依頼をする側にとっては「人数が多いから安心」と思ってしまいがちですが、「技術の無さを人数でカバーしようとし、依頼者の負担を大きくしている」場合があるので注意しましょう。

私たちガルエージェンシー東京上野は浮気調査に特化した探偵事務所です。探偵になる為の専門機関を卒業した探偵だけが現場に出ているので、依頼者の金銭的な負担を出来るだけ少なくする格安の浮気調査を実現しています。まずは電話やメールから無料相談をご利用ください。

浮気調査を格安で行う為の「必要経費」の減らし方はまた明日ご紹介します。

 

浮気調査を格安で依頼したい方はまずは無料相談へ

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ