浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

離婚を考えた時に必ず知っておくべきこと 第3回「離婚とお金の関係」

2016年2月18日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

皆さん、こんにちは。
離婚を考えた時に必ず知っておくべきことを発信しています。
第3回目は「離婚とお金の関係」です。

離婚を考えた時に一番目に考えなければいけないことは、
子供がいる場合には子供の親権や養育の問題です。
そして、
二番目は離婚後の生活費などお金の問題です。

慰謝料請求

特に専業主婦の女性の場合には、
離婚後の生活をどうするかを考えなければいけません。
これを考えずに離婚をしてしまうと、
後々大きな痛手となってしまう可能性があります。

離婚時のお金の問題は大きく分けると3つあります。
財産分与、慰謝料、養育費(子供がいる場合)です。

このような点をどうするかを離婚前に決めておかなければ、
離婚後に話し合おうとしても上手くいかない事が多い傾向があります。

協議離婚中に別居などしている場合には、
収入の少ない側は相手に婚姻費用を請求することが出来ます。
裁判所でも活用されている婚姻費用算定表があるので、
この算定表を参考に計算することが出来ます。

裁判所

財産分与は結婚から離婚の間に夫婦で築いた財産が対象になります。
現金、預貯金、不動産、年金、保険、家具や家電、株などが該当し、
マイナスの財産であるローンも対象となります。

結婚前から一方が所持していた財産や、
結婚後であっても相続した財産は対象外になります。

財産分与をスムーズに行う為には、
全ての財産の一覧を出することから始めます。
その後に妻と夫が協議をして決めていきます。
一般的には半分ずつの割り合いになることが多いようです。

相手がへそくりや隠し口座などを持っている場合もあるので、
注意をしなければいけません。

慰謝料は不倫やDV(ドメスティックバイオレンス)などがある場合に請求できます。
相手が認めないことも多いので証拠が集めておくことが必要です。
不倫の証拠は探偵事務所などの浮気調査、
DVの証拠は家庭内の会話の録音や病院の診断書などが有効です。

金額に相場はありませんが、
離婚原因の責任の度合い、結婚期間、支払う側の収入などが考慮されます。

養育費に関しては親権問題の際に改めて紹介しますので、
今回は省略します。

お金の問題は離婚前にしっかりと協議し、
公正証書などにしておくことがポイントです。
「後で決めれば良い」と離婚を急いでしまうと、
貰えるはずのものが貰えない可能性もあるので、
面倒でもきちんと決めてから離婚をしましょう。

 

離婚を考えた時に必ず知っておくこと、
第3回目は「離婚とお金の関係」でした。

 

不倫を理由に夫や妻に慰謝料請求したい方は探偵事務所へ

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ