浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

不定の証拠ではありません。不貞の証拠です。

2016年1月30日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

東京都台東区の探偵事務所ガルエージェンシー東京上野、
探偵犬かんすけだワン!

上野公園の西郷隆盛像
「上野公園の西郷どんはカッコいいな~」

浮気や不倫は法律用語では「不貞」と言います。
民法第770条では、
配偶者に不貞な行為があったとき、
夫婦の一方は離婚の訴えを提起することができると定めています。

不貞な行為とは、
男女間の性交渉を意味しています。
食事をしただけや手を繋いだだけでは不貞な行為には該当しません。
男女間なので同性の場合にもこれには該当しません。

時々「不定行為」や「不定の証拠」と書き間違われることがありますが、
正しくは「不貞行為」「不貞の証拠」です。

民法で上記のように定められているので、
この行為を証明することが出来れば、
不倫をした夫もしくは妻側に責任があると判断されます。

これを証明する方法は様々ですが、
探偵の浮気調査を利用する方が少なくありません。
探偵は調査のプロ、証拠集めのプロなので、
不貞の証拠を集める場合には適していると言えます。

どのような行動が証拠になるのかと言うと、
ラブホテルを利用する姿や不倫相手の自宅に宿泊する姿を撮影することです。
ラブホテルの館内や自宅の室内を撮影することではなく、
上記の施設や家に出入りをする様子を撮影することが出来れば、
性交渉ががあったと推測できるので、
不貞の証拠となります。

浮気調査の相談や見積もりは無料にて行っています。
ご心配がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

東京都台東区の探偵事務所。
24時間いつでも無料の相談窓口はこちらから。

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ