浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

えっ!?「別れさせ工作を仕事として請け負っているのは主に探偵社です」

2019年8月5日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

別れさせ屋の実態とは

先日「殺人事件にまで発展…「別れさせ屋」の実態とは」というインターネット上の記事を目にしました。

その記事の中では、別れさせ屋の仕事をこう説明していました。

「別れさせ屋の仕事は正式な名称でいうと「別れさせ工作」と言います。別れさせ工作を仕事として請け負っているのは、主に探偵社です。」

えっ!?とびっくりしました。

「別れさせ工作を仕事として請け負っているのは、主に探偵社です。」

この部分が間違っているからです。

探偵と別れさせ屋

探偵と別れさせ屋は違う?

「インターネットで「別れさせ屋」と検索してみたところ、別れさせ工作を請け負う探偵社が複数ヒットしました。」

記事の中にこう書いてある通り、このような探偵社は実際に見つかるでしょう。

ただし、それは”探偵社”を装っている”別れさせ屋”でしかありません。

理由はいくつもありますが、大きな理由の一つを紹介します。

まず、探偵社を営む場合には「探偵業の業務の適正化に関する法律」に則って、届出を出さなければいけません。

この法律は探偵業法と呼ばれています。

この届出が受理されれば、各都道府県の公安委員会から探偵業届出証明書が発行されます。

簡単に言えば、警察から「営業をして良いよ」と言われた証が貰えます。

別れさせ屋に法律はない?

一方、別れさせ屋を規制する法律はありません。

規制する法律がないことは別れさせ屋にとっては良いと思われるかもしれませんが、良いことばかりではありません。

公的な機関からの証明が何もないので、利用を検討している人に信用性や安全性をアピールすることが出来ません(※実際に安全ではないのですが…)。

そこで考えた方法が、探偵業の届出を出すという方法です。

先程書いたように探偵業届出証明書があれば警察から認められた活動をしていることの証明になるので、多くの別れさせ屋がこのような方法で探偵社を装っています。

別れさせ屋は公序良俗違反?

警視庁が主催している探偵業者研修会において「別れさせ屋は公序良俗違反なので絶対にやらないように」と、探偵業者は指導されています。

現状は別れさせ屋に対する法律が整備されていないので、別れさせ屋でも探偵業の届出が出来てしまう為、冒頭の記事を書いたライターさんのように勘違いするのは仕方がありません。

しかし、どうか間違えないようにして下さい。

別れさせ屋、別れさせ工作、出会い工作、復縁工作などをやっている探偵業者は、本来の探偵業者とは異なりますので、十分に注意をして下さい。

この記事の筆者

東京都台東区に相談室を構える探偵ガルエージェンシー東京上野

私たちガルエージェンシーグループは、厚生労働省の児童虐待防止を推進する運動に協賛し、「虐待ゼロ」を目指した活動を行っています。

「児童虐待かも!?」と思ったら、児童相談所全国共通ダイヤル【189】までお電話をお願いします。

連絡者や連絡内容に関する秘密は守られているので、情報提供をお願い致します。

虐待ゼロ

探偵はあらゆる調査の相談を無料でお受けしています。

・浮気の証拠を集める浮気調査・不倫調査
・社員の行動等を調べる企業調査・従業員調査
・住所不明の相手を探す人探し・行方調査
・盗聴盗撮を発見する盗聴器発見・盗撮器発見
・婚約者や恋人を調べる結婚調査・結婚前調査

その他、悩みやトラブルがある方はお気軽にご相談下さい。

無料相談は24時間、365日、深夜や土日も可能です。

電話もしくはホームページの相談フォームからお問い合わせ下さい。

匿名での相談も可能です。

お客様のご相談内容や個人情報が外部に漏れることは一切ありません。

探偵に相談や依頼をお考えの方は以下のページをご覧ください。

ガルエージェンシー東京上野のホームページ
http://www.ueno-galu.com/

無料の相談窓口はこちらから
http://www.ueno-galu.com/contact.html

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ