浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

モラルハラスメント(モラハラ)は魂の殺人

2015年5月6日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは、所長の高木です。

高橋ジョージさんと三船美佳さんの離婚裁判の争点の一つは、
高橋さんのモラルハラスメント(モラハラ)と言われていますよね。
モラハラをしてしまう男性には様々な特徴があるそうです。
ちなみに情報源は「ホンマでっか!?TV」ですよ。

総合探偵社ガルエージェンシー東京上野

まずは、世話好きの男性がモラハラになりやすい!
相手の世話をして感謝される事に喜び、
自分の存在を相手に示したいという考えからモラハラがになりやすいそうです。

あるデータでは離婚原因の25%は夫のモラハラだと言われているようで、
モラハラ行為は魂の殺人とも表現されるそうです。

モラハラ男かどうかをチェックするポイントがいくつかあります。
自分自身、もしくはあなたの夫はいくつ当てはまるでしょうか?
ぜひ試してみて下さい。

1.自分と価値観が違う人を理解できない
2.他人の成功話を嫌がる
3.疑い深い
4.店員や後輩に偉そうにする
5.周囲に自分のやり方を押しつける
6.素直に謝れない
7.反対意見に怒る
8.自分に不利だと人のせいにする
9.趣味やストレス発散法がない
10.相談できる友達がいない

いかがでしょうか?
3つ以下はセーフですが、それ以上はモラハラ予備軍、
7つ以上になると危険信号です。

その他には、友達の少ない人や仕事が出来る人、
ロン毛の男性にモラハラの傾向があるようです。

友達の少ない男性は嫉妬からモラハラになりやすく、
仕事が出来る人は自分が出来る事を相手にも押しつけてしまう、
ロン毛の男性はナルルシストの人が多く、
他人よりも優位に立ちたいと考える傾向があるからだそうです。

自分よりも弱者を周りに置きたがるような男性もモラハラの傾向があるそうです。
自分が考えている通りに事を進めたい、
偉そうにしていたいという考えからでしょうね。

そして、モラハラ男との離婚は長引く傾向があるそうです。
話し合いや離婚調停では話がまとまらずに離婚裁判になってしまう。
モラハラ男は「自分は妻の為にやっているのに妻が理解してくれない」と主張し、
自分の何がいけないのかが自分自身でも理解出来ていないからだそうです。

少なからずモラハラ傾向にある男性は多いのかもしれませんが、
度が過ぎてしまうと魂の殺人と表現されているように、
自分の考えばかりを押しつけて妻の心をないがしろにしてしまう事が起きてしまいます。
人のふり見て我がふり直せ、
高橋さんと三船さんには申し訳ありませんが、
それを考える良い機会なのかもしれません。

 

夫との離婚をお考えの方はこちらから。
http://www.ueno-galu.com/

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ