浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

探偵を悪用?ストーカーに女性の住所を教えるなどの手助けは厳禁

2018年11月3日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは!東京都台東区の探偵ガルエージェンシー東京上野の高木です。

・夫や妻の浮気の証拠を集める浮気調査・不倫調査
・従業員の行動などを確認する企業調査・従業員調査
・家出や失踪や住所を知らない相手を探す人探し・行方調査
・盗聴や盗撮の不安や疑いがある際の盗聴器発見・盗撮器発見
・婚約者や結婚前の恋人を調べる結婚調査・結婚前調査

あらゆる調査の相談を無料でお受けしています。お気軽にご相談下さい。

探偵に相談や依頼をお考えの方は以下のページをご覧ください。

ガルエージェンシー東京上野のホームページ
http://www.ueno-galu.com/

私たちガルエージェンシー東京上野は、犯罪目的、違法行為、別れさせ工作、復縁工作、社会的差別、公序良俗違反、ストーカー規制法違反、恐喝や脅迫、暴力団に関わる調査などの依頼は全てお断りしています。

探偵は一歩間違えると、このような犯罪行為を手助けしてしまうリスクがあります。

例えば、ストーカー規制法による接近禁止命令を受けているにも関わらず、意中の女性を探して欲しいという、ストーカーを行っている人物からの相談が寄せられるケースがあります。

このような依頼を受けてしまうと、被害者女性の身に危険が及んでしまうことは明らかです。

このような危険があると分かっていながら依頼を受けることは絶対に出来ません。

ストーカー犯

中には自分がストーカーである事を隠して、依頼をしようとする人物もいます。

恋人を探しているとか、何らかの理由を作って相談に現われます。

しかし、このような人物はじっくり話を聞いていくうちにボロを出します。

所詮は虚言、話に辻褄が合わなくなってきます。

ただし、このような人物であることを見極められずに依頼を受けてしまうと、前述のように犯罪行為を手助けしてしまう可能性が生じます。

探偵が調査を行った結果、何らかの犯罪が起こった時、探偵に全く責任が無いとは言えません。

実際にこのようなケースで探偵が処分されたケースは過去にいくつかあります。

相手が上手だったでは済まないケースも考えられます。

困っている人の味方になるはずの探偵が、困っている人を窮地に追い込むことはあってはならないことです。

私たち探偵は真剣に相談をする方々と、本当の姿を隠して相談をする人物との違いを見極める為に、慎重に行動をしています。

調査力に自信があるからこそ、その調査力を犯罪行為に加担するような目的に使わないことを徹底しています。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ