浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

ストーカー被害にあっている場合には警察への相談と探偵の調査が有効

2015年1月24日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは、布団から出たくない日が続きますね。
ストーカー対策を行う探偵ガルエージェンシー東京上野です。

ストーカー規制法は平成12年に施行されました。
正式な名称は「ストーカー行為等の規制等に関する法律」です。
この法律の規制対象となる行為は「つきまとい行為」と「ストーカー行為」です。

ストーカー

まず、「つきまとい行為」とは、
恋愛感情やそれが満たされなかったことに対する怨恨目的で行う、
以下の行為が該当します。

・つきまとい、待ち伏せ、押しかけ
・監視していると告げる行為
・面会や交際の要求
・乱暴な言動
・無言電話、連続した電話、ファクシミリ、電子メール
・汚物などの送付
・名誉を傷つける
・性的しゅう恥心の侵害

そして、上記の8つの「つきまとい行為」を繰り返して行う行為を、
「ストーカー行為」と規定されています。

上記のようなストーカー行為の被害にあっている場合には、
早急に警察に相談をすることが第一です。
ストーカー行為を行っている人物が分かっている場合には、
警察が警告をすることによって、
ほとんどの人物がストーカー行為を止めています。
※警視庁のホームページによる解説より

しかし、被害者の中にはストーカーが誰なのか分からなかったり、
ストーカー行為を証明出来なかったりする方がいます。
そのような場合には探偵の調査をご利用ください。

私たち探偵はストーカーから被害者を守る為に、
証拠の撮影や犯人の特定を行っています。
事態が深刻化する前に、
警察へと相談と同時に探偵への相談をご検討下さい。

 

ストーカー対策の相談や依頼はこちらから。
http://www.ueno-galu.com/

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ