浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

探偵が教える自分で出来る不倫調査 不倫の証拠の集め方 第6回 有効な不倫の証拠

2017年4月20日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは、不倫調査の探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。夫や妻の不倫の証拠を集めたい場合には探偵事務所に不倫調査を依頼をする事が一般的な方法ですが、プロに依頼をする前に自分でも出来る不倫調査があるので、このブログではその方法を紹介しています。本日は前回に引き続き、裁判でも認められる可能性がある証拠に関する内容です。

離婚裁判の証拠

不倫の証拠がなぜ必要なのかは以前も紹介しましたが、配偶者(夫や妻)や不倫相手に慰謝料請求をしたり離婚をしたりする為に相手に責任があることを証明しなければいけない状況になることがあります。

夫や妻や不倫相手が不倫を認めれば証拠は必要ありませんが、「はい、不倫をしました」と馬鹿正直に認めるとは限りません。一時には認めたとしても慰謝料や離婚の話が具体的になると、発言を覆し、「不倫はしていない」と言い出す場合もあります。このような理由から裁判でも認められるような証拠を集めておくことが必要になります。

前回の記事では不倫を証明できる可能性があるものの中から代表的なものを紹介しました。例えば、

自宅で集められる証拠
・配偶者や不倫相手の自白
・メールやラインのやり取り
・ツーショット写真や動画
・SNS上でのやり取り
・ラブホテルのレシート
・ラブホテルのポイントカード
・クレジットカードの明細書
・不倫相手への手紙や不倫相手からの手紙
・不倫をされた側の日記や心療内科の診断書

自宅以外で集められる証拠
・性行為中やデート中を目撃すること
・ラブホテルを利用している写真や動画
・不倫相手の自宅に宿泊もしくは出入りをしている写真や動画
・デート中の写真や動画

その他の証拠を詳しく確認したい方は前回のブログをご覧ください。

探偵が教える自分で出来る不倫調査 不倫の証拠の集め方 第5回 不倫の証拠とは?
http://www.ueno-galu.com/blog/self/5297/

不倫の証拠

不倫を証明できるものとして最も証拠能力が高いものとして性行為中を目撃したり、性行為中の写真や動画を手に入れたりすることが挙げられますが、このような証拠を手に入れることは簡単ではありません。

そこで、自分でも手に入れられる可能性があり、尚且つ証拠として有効になる可能性があるものを集めることが必要になります。

配偶者や不倫相手の自白の音声

配偶者や不倫相手が自白をする可能性がある状況の前にはスマートフォンやICレコーダーなど録音ができる機器の準備をしておき、自白をした際の音声を録音しておきます。これによって不倫を証明できる可能性があり、言った言わないを避ける事が出来ます。

メールやライン、SNS上でのやり取り

夫や妻のスマートフォンや携帯電話に残っている不倫相手とのメールやラインのやり取り、フェイスブックなどのSNSでのやり取りが残っている場合には、やり取りが写った画面を撮影しておくことで不倫を証明できる可能性があります。ただし、これだけで不倫を証明する為には、かなり直接的に肉体関係があったことが分かる内容のやり取りが必要であると言われています。

ツーショット写真

夫や妻の携帯電話やスマートフォン、パソコンやタブレットなどに残っている不倫相手とのツーショット写真のデータ、現像されている写真が残っている場合には不倫を証明できる可能性があります。二人でベッドで寝ている写真や裸の写真は特に有効となります。

ラブホテルのレシートやポイントカード

ラブホテルのレシートやポイントカード、クレジットカードの明細書などが夫や妻の財布やバッグの中、自宅のごみ箱の中などに入っていた場合には、内容が分かるように写真を撮っておくことで不倫を証明できる可能性があります。

不倫相手への手紙や不倫相手からの手紙

メールのやり取りもそうですが、手紙もどのような内容が書かれているかによって証拠として有効かどうかが変わります。裁判でも認められる不倫の証拠は、基本的に異性との肉体関係を証明できるものなので、「好き」などの感情だけでなく、肉体関係があったことが分かる言葉が書かれている必要があります。

不倫相手からの手紙

不倫をされた側の日記や心療内科の診断書

慰謝料とは精神的損害に対する損害賠償金を意味するので、夫や妻に不倫をされたことによって傷ついたことを証明できるものが必要になることがあります。心療内科の診断書や自分の気持ちを綴った日記などを残しておくことで、精神的損害があることを証明できる可能性があります。

 

上記が自宅で集められる証拠の一例ですが、前回のブログでもお話した通りどれか一つでもあれば不倫を証明出来るわけではなく、たくさんあるから不倫が証明出来るというわけでもありません。調停や裁判では当事者の状況や証拠の質などを踏まえた上で証拠の有効性が判断されるので、自身の状況ではどのような証拠が有効になるのかは弁護士などに相談をしながら進めていくことが必要と言えます。

自宅以外で集められる証拠としては、デート中を目撃すること、ラブホテルを利用している写真や動画を手に入れること、不倫相手の自宅に宿泊もしくは出入りをしている写真や動画を手に入れることなどが挙げられますが、これは実際に尾行などの方法が必要となります。

私たちガルエージェンシー東京上野に不倫調査を依頼される方の中には自分で夫や妻の尾行をしたり、友人に頼んで尾行をしたりした方がいらっしゃいますが、実際に尾行などの方法でどのように証拠を集めていくのかは次回のブログで紹介します。

 

自分で不倫調査が出来ない方はプロにお任せ下さい 詳しくはこちらから

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ