浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

年齢を偽って結婚した妻が離婚裁判で放った一言とは

2015年8月14日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

離婚裁判で争われる内容は様々です。
まさか、自分の妻が10歳も年齢を偽って結婚をしていたとは思いませんよね。
しかも離婚歴があることも隠していたら尚更です。
このような理由で離婚裁判となった事案をご紹介します。

結婚

夫はある日偶然妻の免許証を見て、
妻の年齢が10才も違っていたことに気づきました。
32歳だと思っていたのに実際は42歳…
そして、その後に離婚歴があるバツ1であることも分かりました。

夫はショックを受けて離婚をしたいと妻に言いましたが、
妻は聞き入れることありません。
そうして離婚裁判になりました。

離婚裁判が行われても妻は離婚を拒否していました。
そんな妻に夫側の弁護士はこう聞いたそうです。
「ひどい嘘をつくから夫の信用をなくしたんですよ」と。

その弁護士の問いかけに対して妻は、
「本当は42才でも私の世界の中では32才だと思っているので問題ないと思います」
開き直りとも思える発言をしました。
その答えには夫も弁護士も裁判官も驚いたと思います。

そのような全く反省の色の無い発言をしたにも関わらず、
なんと、離婚は不成立。

ある弁護士いわく、
離婚裁判では年齢や離婚暦についての嘘は重視されない傾向があるそうです。
年収を偽っていた場合のような結婚生活が困難になるような嘘であれば、
離婚が成立する場合もあるそうですが、
一見重い嘘に思われることでも離婚が認められないことがあるようです。

この夫婦の場合には結婚後に子供を授かっていて、
これまでの生活を平穏無事に送ってきたそうです。
そのような場合には嘘が発覚しただけでは、
離婚が成立しない可能性があるようです。
これまで嘘をつかれていた夫の気持ちはどうなるのでしょうか…

このようなことがないようにする為には、
婚姻届の内容をしっかりと確認することが必要だそうです。
婚姻届には生年月日は勿論ですが、
初婚か再婚か記載をする場所があるので嘘は書けません。

今回の妻は夫に先に婚姻届に記入をさせて、
後から自分の内容を記載して、
夫に自分の内容を見せないように提出したようです。

愛して結婚をしたいと思った相手を疑うのは如何なものかと思いますが、
婚姻届の内容はお互いにしっかりと確認をした方が良さそうですね。

 

離婚裁判の証拠を集めたい方は探偵をご利用下さい。
http://www.ueno-galu.com/

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ