浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

Q.039 探偵事務所に依頼をする際には契約が必要ですか?

2016年6月21日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

総合探偵社ガルエージェンシー東京上野です。探偵や不倫調査に関する質問にお答えしています。

Q.039
探偵事務所に依頼をする際には契約が必要ですか?

A.039
ドラマやアニメに登場する探偵が依頼人と契約を交わす際、書類などで契約を交わしている描写はほとんど見たことがありません。そのようなイメージからか探偵に依頼をする際には契約が必要ない、口約束だけで依頼ができると考えている方も少なくありません。

探偵との契約

しかし、探偵業には探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)という法律が存在します。この法律には様々な規定がありますが、探偵業者が依頼人から依頼を受ける際には書面の交付が必要であるという内容も規定されています。口約束だけの契約は法律違反ということです。

探偵との契約で必ず書面で交わさなければいけない内容には3つの内容があります。※以下は探偵業法に記載された内容の重要部分をまとめたものなので、実際の探偵業法の記載内容とは異なります。

一つ目は探偵業法第7条の内容です。「探偵業者は依頼者から調査結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いない旨を示す書面の交付を受けなければならない」

二つ目は探偵業法第8条の内容です。「探偵業者は依頼者と契約をしようとする際には第8条に掲げられた9項目(探偵業者の商号、名称又は氏名及び住所など9項目)について書面を交付して説明しなければならない」

三つ目は探偵業法第8条2項の内容です。「探偵業者は依頼者と契約をした際には第8条に掲げられた8項目(探偵業者の商号、名称又は氏名及び住所など8項目)について書面を交付しなければならない」

この三つの内容に関する書類の交付が最低でも必要になります。どれか一つでも欠けている場合には法律違反になります。この内容だけでもかなりのボリュームになるので、A4サイズ1枚や2枚の書類程度では基本的には収まらない内容だと思います。

私どもガルエージェンシー東京上野の調査契約書はA4サイズ8枚分の書類で校正されています。法律に則ってお客様に安心していただく事を前提に考えて制作したところ8枚分の内容で校正されました。

もしも契約をしようとする探偵業者の契約書がA4サイズ数枚の書類しか無かった場合には「何か不備があるかもしれない」と注意をした方が良いかもしれません。安心して探偵業者と契約を交わす為に上記の内容をぜひ参考にして下さい。

探偵や不倫調査に関する質問や疑問を受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

 

東京の探偵事務所に依頼をお考えの方は次のページへ

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ