浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

「不倫関係を妻に言わない約束を破った」26歳の男が不倫相手の女性を殺害

2016年7月12日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

7月7日、東京都立川市のマンションの一室でこの部屋に住む26歳のパート従業員の女性が殺害され、被害者女性と不倫関係にあった26歳の会社員の男が殺人容疑で逮捕されました。

同容疑者は犯行動機に関して、「最近、(被害者との)交際がうまく行っていなかった」「不倫関係を(自分の)妻には言わないと言っていたのに(被害者が)約束を破った」「(妻に)不倫がばれて全てが嫌になった」「死んでしまいたかった」と供述しているようです。

被害者女性は容疑者とは別の交際相手が出来たため、事件当日、容疑者との不倫関係を清算する為に自身の友人でもある容疑者の妻に不倫関係を告白するLINE(ライン)を送ったようです。その後、話し合いの為に被害者宅を訪れた容疑者は犯行に及んだようです。

容疑者は犯行に関して「(被害者から)首を絞められた」「気づいたら自分が(被害者の)首を電気コードで絞めていた」「殺意はなかった」と供述しているようです。

電気コード
※写真はイメージです。

警察は逆上した容疑者が突発的に殺害に及んだとみて調べてを進めているようですが、「死んでしまいたかった」と供述している容疑者が、実際には自分ではなく、不倫相手の女性を殺害するという身勝手な犯行はいかにも不倫をする人物の自己中心的な行動と言えるかもしれません。

 

夫の不倫の事実を確かめたい方は次のページへ

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ