浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

妻の遺骨をトイレに捨てた夫「憎しみばかりが募ってやった」

2015年5月26日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

東京都練馬区東大泉に所在するスーパーの屋外に設置されたトイレに妻の遺骨を捨てたとして、警視庁石神井署は68歳の夫を死体遺棄容疑で書類送検しました。

男は病死した妻の火葬が行われた4月23日の昼頃、同スーパーの男性トイレの便器内に妻の遺骨の一部を捨てて帰宅し、その後、スーパーの店員が遺骨を発見したことから事件が発覚しました。

事件発覚後、テレビニュースなどで事件のことが報道され、男は「報道を見て自分の犯したことの重大さに気づいた」と、4月26日の早朝に石神井署に骨つぼを持って出頭しました。

男は容疑に関して、「妻には生前、嫌になるほど苦労をかけさせられ、憎しみばかりが募ってやった」「遺骨を捨てたことで色々な方に迷惑をかけたことを反省しています」と語っているようです。亡くなった後まで憎しみが残ってしまうという夫婦は少なくはないと思いますが、この夫婦の間にはどのような溝があったのでしょうか…

ところで、今回のように遺骨を捨てることが死体遺棄罪になることを知らなかった人も多かったのでないでしょうか。刑法・第190条では、「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する」と定められています。自宅の庭に遺骨を埋める行為も法に反することなってしまうということになると思います。

一方、海などに遺骨をまく「散骨」に関しては特に法律はないようで、法務省は「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限りは問題ない」という見解を示しています。

 

夫婦間の問題を解決したい場合にはこちらから。
http://www.ueno-galu.com/

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ