浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

浮気相手に対する慰謝料の金額の基準や相場

2015年9月13日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

慰謝料は精神的苦痛に対する損害賠償金のことです。
配偶者に浮気をされた場合には、
配偶者や浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。

女性の悩み

慰謝料は結婚年数や配偶者の有責性の程度の他、
浮気が原因の場合には不貞行為の程度や回数など、
いくつかの内容を考慮して決められることが一般的です。
慰謝料を請求する側に落ち度がないかを判断される場合もあります。

慰謝料には基準や相場は決まってはいませんが、
浮気相手に対する慰謝料の額は50万~400万円の間が多いようです。
慰謝料を支払う側の経済状況なども考慮されます。

請求する際は相手に言い逃れをされないように、
しっかりと証拠を掴んでおくことが大切です。

基本的に請求する金額はいくらでも構いませんが、
請求された相手との話し合いがつかなければ、
支払われなくなってしまう可能性もあります。

その為、金額の妥当性を考えて請求をしなければいけません。
あまりにも高額な金額の場合には、
裁判などで請求した金額の根拠を問われることもあります。

そして、慰謝料請求には時効があります。
不貞行為を知ってから3年が経過すると、
慰謝料を請求する権利は時効で消滅してしまいます。

夫婦関係が既に破綻している場合には、
浮気(不貞行為)があったとしても、
夫婦関係を破綻させた原因とはならないため、
浮気を理由には慰謝料請求が出来ない場合があります。
別居している場合などには特に注意が必要です。

浮気をされたことを理由に慰謝料を請求する場合には、
事前に証拠を掴んでおき、
相手が反論してきた場合の準備をしておくことが大切です。

言い逃れができない証拠があることによって、
慰謝料請求の話し合いをスムーズに進めることができるので、
確実な証拠を押さえておくことが必要です。

 

浮気の証拠に関するサイトはこちらから。
http://www.ueno-galu.com/

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ