浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

病気やケガと偽り必要以上に手当や補償を受けようとする行為を暴く

2016年7月24日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

探偵の仕事は嘘を暴く仕事と言えます。最近の相談や依頼で多い内容にこの嘘を暴くという内容の案件があります。その代表的な二つをご紹介します。

まず一つ目は法人(企業)からの依頼で病気や怪我をした社員が休業をしているが、本当に療養中かどうか調べてほしいという内容です。

このような案件で多い病気の一つには鬱があります。鬱で休養をしているはずの社員の行動調査をしてみると、アルバイトをしていたり、就職活動をしていたりという事があります。鬱と偽り会社を休み、会社からは各種の手当を受けながら、別の仕事をして二重に稼いでいる、行動調査ではこのような嘘を暴くことが出来る可能性があります。

嘘の病気や怪我

二つ目は弁護士や個人の方から依頼で交通事故の被害者の怪我が申告している通りの症状かどうかを調べてほしいという内容です。

このような案件では私たち探偵事務所の依頼者は交通事故の加害者側になります。このような方々は事故を起こしたことを十分に反省していますし、相手への対応も十分に行っています。

しかし、中にはこの被害者と加害者の立場を利用して、被害者側が必要以上に補償を受けようとする場合があります。行動調査を行うと被害者が元気に生活をしていたり、仕事を休んでいると申告しているにも関わらず仕事をしていたりという結果が得られる可能性があります。

突然の病気や事故にあってしまった場合、手当や補償を受けられる場合にはその保証を受けることは正当な手段です。しかし、悪意があってこの保証を必要以上に受けることはあってはいけません。このような疑いがある場合には探偵事務所の行動調査をぜひご利用ください。

 

病気やケガの症状に疑いがある場合には次のページへ

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ