浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

探偵が住所を調査できる場合とできない場合

2016年9月27日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

探偵は特定の人物の住所を調べる調査を行っています。例えば、「夫や妻の浮気相手の住所を知りたい」「お金を貸した相手の住所を調べたい」「社員が会社に提出している住所とは異なる場所に住んでいる」などの場合です。

その他に探偵に「住所を調査して欲しい」と依頼をする方で多いのは「音信不通の家族の住所を調査して欲しい」という内容です。中には10年や20年以上も連絡が取れなくなっている家族の住所を調査したい方もいらっしゃいます。

住所調査

住所を知りたい理由は様々です。相続や借金の問題であったり、葬儀や結婚の報告であったり、元気に暮らしているかを確認する為であったりなどです。関係性は親子、兄弟、親戚関係などで、音信不通になってしまった原因は些細な事から大きなトラブルまで様々です。

このような調査は人探し(行方調査)に分類される内容ですが、人探しの調査は基本的に音信不通になってからの期間が短ければ短いほど探せる可能性が高くなります。また、前に住んでいた住所や住民票を置いていた住所、勤務先や電話番号など、過去の情報であっても出来るだけ情報は多い方が調査の可能性が広がります。

しかし、住所を調査する内容は目的によっては調査が出来ない場合があります。それは「ストーカー行為等の規制等に関する法律」や「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」などに該当する場合です。探偵は犯罪行為や違法行為目的の可能性がある依頼は調査する事が出来ません。

探偵は無料相談を受け付けている事が一般的なので、まずはご自身の場合に調査が可能かどうかの問い合わせをしてみることから始めましょう。

 

家族や知人の住所を調査したい方は次のページへ

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ