浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

捜査車両を使って勤務中に不倫相手とホテルへ 男性警部を懲戒処分

2018年11月2日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは!東京都台東区の探偵ガルエージェンシー東京上野の高木です。

・夫や妻の浮気の証拠を集める浮気調査・不倫調査
・従業員の行動などを確認する企業調査・従業員調査
・家出や失踪や住所を知らない相手を探す人探し・行方調査
・盗聴や盗撮の不安や疑いがある際の盗聴器発見・盗撮器発見
・婚約者や結婚前の恋人を調べる結婚調査・結婚前調査

あらゆる調査の相談を無料でお受けしています。お気軽にご相談下さい。

探偵に相談や依頼をお考えの方は以下のページをご覧ください。

ガルエージェンシー東京上野のホームページ
http://www.ueno-galu.com/

滋賀県警は勤務中に捜査車両を使って不倫関係の女性に会っていたとして、男性警部に減給6ヶ月の懲戒処分を科しました。

男性警部は事実関係を認め、職務を怠っていたとされた分の給与や手当に相当する約7万円を自主返納し、警部から警部補への降任を希望しているそうです。

男性警部は結婚をしている身でありながら過去5年の間に出会い系サイトを通じて知り合った30代から40代の女性十数人と関係を持ったということです。

この中の何人かの女性とは、勤務時間中に捜査車両を使ってホテルなどで密会をしていました。

男性警部は「女性と会うのが楽しみになり、快楽を求めてしまった」と語っているそうです。

警察官の浮気

100歩譲ってただ不倫をしていたという事でしたらプライベートな事と言えますが、勤務中、しかも捜査車両を使用しての不倫は考えられません。

更には「15,000円前後を女性に支払ったこともある」と話しているそうです。

上に書いたように警部から警部補への降任を希望しているそうですが、このレベルの不祥事で降任だけで責任を取れると思っているあたりが、この警部の甘さと言えるのではないでしょうか。

希望をするのであれば、退職ではないでしょうか。

警察も人間ですから不倫に限らず、過ちを犯す事もあるでしょう。

それでも限度というものがあると思います。

捜査車両を使って不倫をしていたという事ですから、何らかの捜査中だったという事になると思います。

その間に不倫をするという思考の人間に警察の職務が務まるのでしょうか?

ある県警が公開した懲戒処分に関するデータでは、懲戒処分を下した理由でもっとも多かった理由は異性関係という結果でした。

不倫は継続的に行われる行為と言えますから、「出来心」とか「魔がさした」という言い訳は通用しません。

自分で抑えられる行為なのに、それが抑えられないのであれば、反省をして心を入れ替える?

そういうレベルの話では無いですよね。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ