浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

夫婦関係が破綻した後の不倫(不貞行為)は問題にならない?

2017年8月15日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは、夫婦間の問題解決が専門の探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

先日、元SPEEDの今井絵理子参議院議員と橋本健神戸市議会議員の不倫報道の記事を書きました。
あの報道の中で気になった点の一つが本日のタイトルの内容です。

夫婦関係が破綻後の不貞行為

橋本議員は会見で「不貞行為はない」と否定をしました。
4~5年前から事実上婚姻関係は破綻している、1年前からは離婚の申し出と裁判外での離婚協議を始めた、現在別居中である、既に3回の調停が行われたなどと現在の自分の状況を説明をしました。

不貞行為はないと主張した背景には、このような状況である為、仮に不貞行為があったとしても不貞行為には該当しないという知識があったからと語っていました。
これは解釈の仕方次第では「一線は越えている」と自供しているようなものですよね。

謝罪会見

夫婦関係の破綻とは

さて、ここで重要なのは夫婦関係が破綻している事が事実かどうかです。確かに夫婦関係が破綻後の不倫は問題にならない事が一般的です。

そもそも不倫がなぜいけないのかは、その行為が夫婦関係を破綻させる原因になるからです。既に破綻しているのであればこの原因にはならないので、問題にはならないわけです。

橋本議員の場合は別居や離婚調停中である事から夫婦関係は破綻していると説明していましたが、この状況が必ずしも破綻とは言えません。

破綻を決めるのは誰?

一方が「離婚をしたい」と思っていても相手も同じように「離婚をしたい」と思っているとは限りません。相手がやり直したい気持ちで別居や離婚調停をしている事もあり得るからです。この場合には破綻とは言えません。

橋本議員が自分の都合だけで夫婦関係が破綻していると解釈している場合、この勝手な解釈は非常に危険です。

夫婦関係が破綻しているかどうかを判断するのは当事者ではなく、最終的には裁判所です。しかも1年程度の別居では破綻しているとはみなされない事が多いのも事実です。

今井議員が慰謝料を請求される可能性がある!?

破綻していない状態であれば今井議員は橋本議員の奥様から慰謝料を請求される可能性がありますし、状況は一変します。仮に今井議員が橋本議員から夫婦関係は破綻していると事前に話をされていたとしても、それが責任を逃れる理由になるとは限りません。

慰謝料請求

別居中の浮気調査

私たちガルエージェンシー東京上野にも「別居中の旦那さん(または奥さん)の不倫の証拠を集めて欲しい」という浮気調査の相談や依頼が寄せられます。この証拠を元に慰謝料請求や離婚を考えているからです。

それだけでなく、先程も書きましたが夫婦関係を修復する為に別居をしている方もいらっしゃいます。

このような方々はお互いに冷静になる時間、今後の夫婦関係を見直す時間を作る為に別居をし、その間に相手に問題がある証拠を集め(不倫の証拠など)、話し合いをする為の準備を行う為に浮気調査を依頼しています。

夫婦関係が破綻しているかどうかは個人の判断ではなく、様々な状況から裁判所が判断するものと言えるので、自分勝手な解釈をして軽はずみな行動は避けなければいけません。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ