浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

不倫報道を現役探偵が分析 宮崎謙介元衆議院議員の場合

2016年9月13日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

前回の記事では、ベッキーさんと川谷絵音さんの不倫報道に関する内容を書きましたが、今回は衆議院議員を辞職する結末となった宮崎謙介元衆議院議員の不倫報道の内容で気になった点を紹介させていただきます。

有名人に限らず不倫をする人のパターンはある程度共通していることは前回の記事でも紹介させていただきましたが、宮崎元議員も例外ではありません。

国会議事堂

まずは妻が妊娠中に不倫をしていたことです。妻で衆議院議員の金子恵美議員が妊娠中、しかも臨月中に不倫をしていた事が非難を受けた大きな問題の一つでしたが、探偵事務所が依頼を受ける案件でも妻が妊娠中に不倫をしているケースは少なくありません。

あえて妊娠中に不倫をしているというよりも、妻が妊娠をしても不倫をやめないというケースです。

中には妻の妊娠をきっかけに不倫をやめる男性もいますが、不倫自体が自己中心的な行動で、家族よりも自分の性欲を満たすことを優先する行為なので、妊娠が不倫をやめるきっかけになることは残念ながら多いとは言えません。一時的にやめても落ち着いた時に再開することも多々あります。

密会場所が妻と住んでいた自宅とは別に借りていたマンションだったこともある程度金銭的に余裕がある人の不倫では多いケースです。別宅以外にも議員宿舎の近くのホテルなどでも密会を重ねていたようです。職場近く、自宅近くでの大胆行動と言えますが、浅はかな考えで行動をしているのが不倫をする人物です。

家族の一大事よりも自分を優先する、このような人物には事実を突きつけ、どれだけ愚かな行為だったかを反省させ、制裁を科す必要があるでしょう。

 

不倫の証拠を掴みたい方はまずはこちらから

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ