浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

ベッキーが週刊文春に手紙を送り会見の嘘を告白「恋愛関係だった」

2016年5月3日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

まだまだ収束が見えないベッキーさんの不倫問題ですが、その火種を出し続けているのはベッキーさん本人なのかもしれません。ベッキーさんは不倫を報じた週刊誌の週刊文春宛に今の気持ちや謝罪会見での対応に関する内容をしたためた手紙を送ったようです。

有名人の離婚と不倫

ベッキーさんが批判を受けている背景には、不倫をしたということ以上に謝罪会見で語った言葉に問題があります。会見では不倫相手と報じられた川谷絵音さん(ゲスの極み乙女。)とは友人関係であると主張しましたが、その後に二人が親密な関係であるLINE(ライン)のやり取りが流出しました。

今回の手紙ではこの友人関係であると発言したことに関して、「離婚が成立するまでは友達のままでいようとういう約束があった」「私の行動を考えると恋愛関係だった」「当時の私は好きという気持ちが大きく周りも見えず愚かだった」と、友人関係だったことは嘘であり、川谷さんとは恋愛関係であったことを告白しています。

現在の川谷さんとの関係については、「川谷さんへの気持ちはもうありません」「もう連絡を取っておりません」と、関係が切れていることを主張しています。

そして、今一番考えていることは川谷さんの奥様への謝罪ということを強調し、「何よりもまず川谷さんの奥様へ謝罪したい」「とにかくお会いしてお詫びの気持をお伝えしたい」「謝って済まされることではないが奥様の前で頭を下げてお詫びしたい」と、奥様への謝罪の意を何度も述べています。

その一方で「事務所を通じて謝罪の場を設けてもらえるようお願いした」「先方からは川谷さんを交えてならという話があった」と謝罪のチャンスがあったことと、「もう川谷さんとは関係がないので奥様と一対一でお会いしたいと考えている」と、謝罪のチャンスを自ら断ったことを語っています。

言葉と行動が一致していない、不倫をしたベッキーさんに選択肢などないはずなのに何故?非常に後味が悪い手紙という印象です。

様々な思惑を感じる手紙ですが、果たして復帰や収束する日は近いのでしょうか…

 

不倫調査をお考えの方は次のページへ

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ