浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

銀座のママの枕営業に東京地裁が不倫ではないと判決

2015年6月11日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

もしも、自分の旦那がキャバ嬢と不倫、セックスし、裁判で「それはキャバ嬢が客を取る為のセックスだから不倫ではない」と判断されたらどうでしょうか?

銀座のママの枕営業に裁判官が不倫ではないと判決

そんなことが起こってしまいました…
銀座のクラブのママに対して、クラブに通っていた男性の妻が夫と約7年の間、性交渉を繰り返していたママに対して慰謝料を求めた裁判が行われ、東京地裁は「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、妻が不快に感じても不法行為にはならない」という判決を下しました。

夫に7年間も不倫をされ精神的苦痛を受けたにも関わらず、この行為を不倫と認めない判決、これが判例としてスタンダードになってしまったらと思うとゾッとします。

簡単に言うと、クラブで働くことは風俗で働くことと同じだという結論です。
客はお金を払い、その対価として性的サービスを受ける。商売、サービスとして性行為を行った女性に対しては、客が既婚者だからといって罰せられないということです。

クラブやキャバクラで働く女性はこの判決をどう感じているのだろうか。枕営業が仕事の一環として容認されたということです。

愛人、不倫相手の女性がクラブで働いている女性だった場合には不倫にはならない。それであれば逆もしかり、自分の妻がホストとセックスをしても、ホストが仕事の一環として性行為を行ったのであれば不倫ではない、ということになってしまいます。

なんという横暴な判決でしょうか。傷ついた人を守れない判決では意味がない。

ちなみに、今回の裁判は銀座のママに対して行った慰謝料請求です。ママではなく、夫に対して行っていれば判決は違うものになっていたと思います。
夫が風俗を利用した場合には、風俗嬢は仕事なので性交渉をしても不法行為ではありませんが、風俗を利用した夫の行為は不法行為になる可能性が高いですから。

 

夫の不倫、風俗通いの証拠が欲しい方はこちらから。
http://www.ueno-galu.com/

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ