浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

離婚には離婚意思と届出意思が必要?離婚届を勝手に出されない為には不受理申出

2018年11月21日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは!東京都台東区の探偵ガルエージェンシー東京上野です。

・夫や妻の浮気の証拠を集める浮気調査・不倫調査
・従業員の行動などを確認する企業調査・従業員調査
・家出や失踪や住所を知らない相手を探す人探し・行方調査
・盗聴や盗撮の不安や疑いがある際の盗聴器発見・盗撮器発見
・婚約者や結婚前の恋人を調べる結婚調査・結婚前調査

その他、あらゆる調査の相談を無料でお受けしています。

無料相談は24時間、365日、深夜や土日も可能です。お気軽にご相談下さい。

探偵に相談や依頼をお考えの方は以下のページをご覧ください。

ガルエージェンシー東京上野のホームページ
http://www.ueno-galu.com/

離婚に必要な二つの意思とは

夫もしくは妻と離婚をする時、最終的には役所に離婚届を提出し、受理をされれば離婚が成立します。

その大前提として二つが意思が必要です。

『離婚意思』

『届出意思』

です。

離婚意思は離婚をする意思があること、届出意思は離婚届を役所に出す意思があることです。

離婚意思と届出意思

離婚が無効になる原因

この二つの意思が夫婦双方に無ければ、離婚届を役所に提出したとしても、無効原因になる可能性があります。

例えば、夫が浮気をしたとします。

その夫に対して、妻が「次に浮気したら離婚。とりあえず離婚届に署名しなさい」というやり取りがあり、夫は渋々離婚届に署名をしました。

その後、妻はやはり浮気が許せなくなり、自分も離婚届に署名をし、夫に相談することなく勝手に役所に離婚届を提出してしまいました。

この場合、夫は離婚届に署名をしましたが、『離婚意思』も『届出意思』もありません。

このような場合が届出が無効になるケースです。

署名をしたからと言って、離婚に合意をしたわけでもないし、届出に応じたわけでもないからです。

離婚届 不受理申出

離婚届の不受理申出とは

とは言え、役所では離婚届という書類だけを見ても、そこに『離婚意思』や『届出意思』があるかは分かりません。

離婚届が受理されてしまう可能性があるということです。

受理されてしまった後は簡単に取り消すことは出来ないので、無効の手続きが必要になります。

時間と労力が必要な手続きです。

勝手に届出を出してしまった側は罪に問われる可能性もあります。

電磁的公正証書原本不実記録罪、有印私文書偽造罪及び偽造有印私文書行使罪などの罪です。

上記の例のように離婚届を署名してしまった場合でも、相手に勝手に届出をされないようにする為には、

『離婚届 不受理申出』

を役所に提出しておきましょう。

これによって離婚届が受理されることを回避する事が出来ます。

離婚意思がある側は、必要な手続きを踏むことが離婚を再出発にする為に必要ですし、離婚意思がない側は、不要なトラブルを避ける為の準備をする事が必要でしょう。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ