浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

肉体的暴力(DV、ドメスティック・バイオレンス)で離婚をする際の準備と証拠の集め方

2017年2月19日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは。夫婦カウンセラーの資格を持つ探偵として東京都台東区を中心に活動しているガルエージェンシー東京上野の高木です。

”離婚を考えた時に必ず知っておくべきこと”として離婚をしたい理由に応じた準備と証拠の集め方を紹介しています。

主な離婚理由には以下のような理由が挙げられます。

・性格の不一致、価値観の違い
・異性関係(浮気、不倫)
・肉体的暴力(DV、ドメスティック・バイオレンス)
・精神的暴力(モラハラ、モラルハラスメント)
・生活費を渡さない
・家族や親族との不仲
・性の不一致、性的不調和(セックスレス)
・浪費、借金
・同居に応じない
・家庭を省みない
・異常性格
・過度な飲酒

本日は離婚だけでなく、生死に関わる問題にもなりかねない配偶者からの「肉体的暴力(DV、ドメスティック・バイオレンス)」の内容を紹介します。

離婚をする為の準備と証拠の集め方

DV、ドメスティック・バイオレンスとは

DV行為とは配偶者からの暴力を意味します。

配偶者からの暴力は犯罪となる行為を含む重大な人権侵害でありながら、被害者の救済が十分に行われてきませんでした。

このような状況を改善し、被害者の保護や男女平等の実現を図る為、平成13年に「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」が施行されました。

この法律は「DV防止法」や「配偶者暴力防止法」と呼ばれています。

DVの種類

DVは身体的暴力、精神的暴力、性的暴力に分けられます。

身体的暴力は、

・叩く(ビンタやげんこつなど)
・殴る(パンチや物を使うなど)
・蹴る
・髪を引っ張る
・首を絞める
・物を投げる
・凶器を突き付ける

などが該当します。

精神的暴力は、

・怒鳴る
・罵る
・脅す
・無視する
・馬鹿にする
・命令する
・行動を制限する
・生活費を渡さない

などが該当します。

性的暴力は、

・セックスの強要
・中絶の強要
・避妊に協力しない

などが該当します。

肉体的暴力(DV、ドメスティック・バイオレンス)とは

DVで離婚をする為の証拠とは

DVで離婚をする為には夫や妻からの暴力があった事を証明する必要があります。

証拠になる物は、

・ケガをした診断書
・精神疾患を患った診断書
・ケガや傷の写真
・壊れた物の写真
・自宅を荒らされた様子の写真
・DV行為中の会話の録音
・DV行為中の様子の録画
・相手からのメールや手紙
・相手の行為を記録した日記
・カウンセリングを受けた記録や領収書
・配偶者暴力相談支援センターに相談をした記録

などが挙げられます。

証拠を集める際の注意点

ケガや精神疾患を患った際は出来るだけ早く病院に行き、DVが原因である事を必ず伝えましょう。

DVを伝える事は勇気がいる事ですが、それを伝えなければDVが原因である事が診断書に記載されず、相手の行為を証明できない可能性があります。

ケガや傷の写真を撮影する際は患部の写真だけでなく、誰がケガをしているのかが分かるように顔や身体全体が入るように撮影する事が必要です。

また、新聞など日付が分かる物と一緒に撮影する事で、DVが行われた日を証明できる可能性があります。

DV行為中の録音や録画をする際は十分に注意をしなければいけません。

隠している事が相手にばれてしまうと激怒され、暴力が酷くなる恐れがあるからです。

DV防止法・配偶者暴力防止法

DVが子供に与える影響

DVは子供にも大きな影響を与えます。

父親や母親の暴力を目の当たりにした子供は心身に様々な症状が現われる可能性があります。

また、配偶者に対しての暴力がやがて子供への暴力に至ってしまう危険性もあります。

命に関わる問題にもなりかねい問題が配偶者からの「肉体的暴力(DV、ドメスティック・バイオレンス)」です。

暴力がエスカレートする前に配偶者暴力相談支援センターや警察などに相談をし、一日でも早い対策が必要です。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ