浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

浮気相手になりさがる人の心理は劣等感?

2018年12月17日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは!東京都台東区の探偵ガルエージェンシー東京上野です。

・夫や妻の浮気の証拠を集める浮気調査・不倫調査
・従業員の行動などを確認する企業調査・従業員調査
・家出や失踪や住所を知らない相手を探す人探し・行方調査
・盗聴や盗撮の不安や疑いがある際の盗聴器発見・盗撮器発見
・婚約者や結婚前の恋人を調べる結婚調査・結婚前調査

その他、あらゆる調査の相談を無料でお受けしています。

無料相談は24時間、365日、深夜や土日も可能です。お気軽にご相談下さい。

電話もしくはホームページの相談フォームからお受けしています。

匿名での相談も可能です。

お客様の情報が外部に漏れることはないのでご安心下さい。

探偵に相談や依頼をお考えの方は以下のページをご覧ください。

ガルエージェンシー東京上野のホームページ
http://www.ueno-galu.com/

浮気をする心理

浮気をする人の心理の話。

多くの離婚問題を扱う弁護士の先生の見解では、浮気する人には何らかのコンプレックスがあり、求められていることが嬉しくなって、浮気をしているということです。

コンプレックスがない人の場合には、既婚者から関係を迫られたとしても、面倒なこととしか捉えません。

一方のコンプレックスがある人の場合には、たとえ関係を迫られた相手が既婚者だったとしても、「この人には自分が必要なんだ」と勘違いをし、求められていることが嬉しくなってしまうということでしょう。

こう考えると”コンプレックス”は”モテない”に言い換えることが出来る気がします。

しかし、実際の浮気調査の事例で考えると、モテない人が浮気をしているとは言えません。

既婚者と不倫をしている独身者も外見からはモテなそうな雰囲気はありません。

コンプレックスはモテないに言い換えられないのであれば、他に適した言葉はあるでしょうか。

浮気の心理

コンプレックスは劣等感という意味で使われることが多いと思いますが、劣等感を感じる時には比較対象の相手がいる状況だと思います。

友人の誰々よりも不幸せとか。

そう考えると、意識をしている誰かよりも自分に自信がない時、その時に既婚者から求められると浮気をしてしまうのかもしれません。

かなり屈折した考え方なので、非常に悲しい状況と言えます。

悲しい状況だからと言って同情はできませんが、性欲の赴くままに浮気をしている人よりは同情できるかもしれません。

ただ、性欲ではないにしても、これも欲望?

友人よりも幸せになりたい、自分に価値を見出したい、そんな欲望の結果が浮気であれば、やはり同情は出来ません。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ