浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

浮気を暴く方法!?人はあったことをなかったと嘘をつく時に目が動く?

2018年11月12日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは!東京都台東区の探偵ガルエージェンシー東京上野の高木です。

・夫や妻の浮気の証拠を集める浮気調査・不倫調査
・従業員の行動などを確認する企業調査・従業員調査
・家出や失踪や住所を知らない相手を探す人探し・行方調査
・盗聴や盗撮の不安や疑いがある際の盗聴器発見・盗撮器発見
・婚約者や結婚前の恋人を調べる結婚調査・結婚前調査

あらゆる調査の相談を無料でお受けしています。お気軽にご相談下さい。

探偵に相談や依頼をお考えの方は以下のページをご覧ください。

ガルエージェンシー東京上野のホームページ
http://www.ueno-galu.com/

先日、私がブログのネタ探しでいつもお世話になっている情報番組「ホンマでっか!?TV」で放送されていた内容が、不倫を暴くことに一役買うかもしれないと思ったので、紹介したいと思います。

人の『嘘』に関する情報です。

心理学者の先生いわく、嘘には二つのパターンがあります。

一つ目は”なかったこと”を”あった”と話す嘘。

二つ目は”あったこと”を”なかった”と話す嘘。

この二つです。

嘘の飲み会で浮気

このような嘘をつく時の人の『目』に注目をすると、違いが現われるそうです。

一つ目の嘘をつく時、人の目(眼球や眼筋)は動かないそうです。

一方、二つの目を嘘をつく時、人の目は動いてしまうそうです。

これを不倫を暴くことにどう使うかというと、不倫をしている疑いがある夫もしくは妻にかまをかける時の質問にちょっとした工夫が出来ると思います。

例えば、不倫をした疑いがあった日の翌日に、

「昨日は何をやっていたの?」

と聞いて、

「昨日は友達と飲んでいた」

と相手に答えられたとします。

こう答えた相手が仮に不倫をしていたとしても、一つ目の嘘、”なかったこと”を”あった”という嘘をつく時には目は動きません。

相手が動揺をしていたとしても目からの情報では判断が出来ず、嘘かどうかを見極められない可能性があります。

夫や妻の不倫

とすると、相手の目で動きで嘘を見破ろうとすると、

「昨日は浮気をしたの?」

とズバリ!イエスかノーで答えさせる質問をするということになります。

二つ目の嘘、”あったこと”を”なかった”と話す際には目が動いてしまうので、

「浮気なんてしてない」

と答えた相手の目が動いていたら、嘘をついていると考えられるということになるからです。

うーん…

使えそうと思いながらこの記事を書き始めましたが、書いているうちにかなり問題がありそうな感じがしてきました。

目で見破ったとしても、それは100%の真実かどうかは分かりませんからね。

上手く使えばこのような質問で相手の嘘を見破る事が出来ると思うので、恋人同士の浮気の場合には良いかもしれません。

夫婦の不倫の場合には様々な問題が絡んでくるので、虎視眈々と証拠を集める方が得策でしょう。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ