浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

離婚裁判の事例 離婚を決意した夫のマザコン行為は母親と同じパンツを履く!?

2018年7月10日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは!夫婦間のお悩みや会社のトラブルを解決する為、全国の浮気調査や企業調査の依頼に対応する東京都台東区の探偵ガルエージェンシー東京上野の高木です。

浮気調査や企業調査をお考えの方は以下のページをご覧ください。

スマホサイト http://www.ueno-galu.com/sp

PCサイト http://www.ueno-galu.com/

あるテレビ番組で紹介されていた「離婚弁護士が見た泥沼離婚裁判」の内容を紹介します。

ある女性(40代)は夫(40代)と子供、そして姑(60~70代)の4人暮らしをしていました。

しかし、夫のマザコンがあまりにも酷い為、妻は離婚を決意しました。

夫のマザコン行為は、

・外食をする際は妻や子供の希望より「ママ(姑)は何が食べたい?」が第一声
・妻がご飯を作っても「ママの方が美味しい」と平気で言う

などだったようです。

マザコン夫と離婚裁判

この二つはそれほど珍しいケースでは無いと思いますが、妻にとってはある受け入れがたい事があったそうです。

それは、

夫と姑が同じパンツを履いていた

からです。

男性(夫)は裁判でこの事を指摘されると、「別々に買うより安い」「二人で使える」「節約になる」などと自分と母親が同じパンツを履く事を全く気にしなかったそうです。

購入していたパンツはユニセックスの商品で男女がどちらでも履けるパンツではあったそうなのですが…

このように”とにかくママが大好きな夫”でしたが「俺はマザコンじゃない」「普通だ」「別れる必要は無い」と離婚を断固拒否されたそうです。

夫が離婚を拒否

女性が夫を離婚をしたい理由でマザコンを挙げるケースは少なくありませんが、マザコンだけを理由にして離婚をする事は困難と言われています。

浮気などの別の理由が無い場合には、別居をする事によって離婚をしやすくする作戦もあるそうです。

ただし、別居は3年間から5年間など、ある程度の長期間重ねる必要があり、短期間でというわけにはいかないようです。

離婚弁護士はこのような案件を受ける場合には「基本的にまずは別居をしてもらう」ことが多いという事でした。

このようなマザコン夫が弁護士に離婚相談をする際は母親と一緒に来る事が多いようで、予約も母親がするケースもあるそうです。

マザコン夫はいつまでも母親頼りで、大人になりきれていない甘えん坊の男性に多いのかもしれません。

マザコン男性の特徴とは

この事例では妻が家を出て別居生活を続けた結果、夫が諦め、離婚が成立したそうです。

男性は度合いは違えど誰しもマザコンという事はよく言われます。

大人になっても母親と息子が仲が良い事は素晴らしい事ですが、限度を超えると妻にとっては離婚を決意するきっかけになってしまいます。

このような男性にとっては妻のこうした決意は「えっ、なぜ?」と思いも寄らない出来事なのかもしれません。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ