浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

不倫をする女性は不倫遺伝子をもっている?

2017年10月10日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

こんにちは!夫婦間の問題解決が専門の浮気調査に強い探偵ガルエージェンシー東京上野の高木です。

探偵に相談や依頼をお考えの方は以下のサイトを参考にして下さい。

スマホサイト http://www.ueno-galu.com/sp

PCサイト http://www.ueno-galu.com/

先日テレビを見ていたら不倫する女性は不倫遺伝子を持っているという内容が放送されていました。とても興味深かったので見てみると、オーストラリアの大学の研究結果で、不倫をした事がある女性にはアルギニンバソプレッシンのR1Aという遺伝子が多かった事が分かったようです。

不倫遺伝子

この遺伝子が多い場合には身近にいる人に対して親切な行動を取りにくいという特徴があり、相手の気持ちを考えず好きなことをする傾向がある為、”不倫”という自分勝手な行動に走りやすいと考えられるようです。

最初(付き合い始めや結婚当初)は優しかった女性がなぜ浮気を繰り返すようになるのかという事に関しても影響しているようで、このような女性は最初は浮気や不倫を我慢をしていただけで、段々と本性が現れてしまうという事のようです。これは浮気に限らずだと思いますが…

ちなみに、男性の場合はこの遺伝子の変異で不倫率は変わらなかったようです。不思議ですね。

親や知人の影響、育ってきた環境によって不倫をしやすくなるというのであれば分からないでもないですが、遺伝子で不倫をしやすいかどうかが決まってしまうと救いようがないように感じます。ただ、全てがそうだというわけではないでしょうけれど。

このような遺伝子が存在するのであれば、浮気につける薬はないというのは笑い話ではなく、本当に生まれつきの可能性があるかもしれません。ただし!「遺伝だから不倫をするのは仕方ない!」なんて開き直られたり、こんな言葉で片づけられたりてしまったら、浮気や不倫をされた方はたまったもんじゃないですよね。

不倫は遺伝する

私たちガルエージェンシー東京上野が依頼を受けた案件では、どちらかというと男性(旦那さん)の浮気癖が治らず、例えば一年前に浮気調査をして証拠を集め、不倫相手に慰謝料請求などをして一旦は解決したにも関わらず、また浮気をしていたり、その浮気相手が一年前と同じ相手だったりという事が多く見受けられるので、女性の方にこのような遺伝子があるのは驚きです。

まあ男性の場合には不倫遺伝子があるかないかの話ではなく、単純に浮気や不倫をしやすいと生き物なのかもしれませんけどね…

本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ