浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

不倫をする女性は本妻願望の有無で「停滞性」と「略奪性」に分けられる?

2016年10月29日

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!

不倫を題材にしている現在放送中の日本テレビ系ドラマ「黒い十人の女」はご覧になっているでしょうか?不倫に葛藤する女性たちの姿が描かれているドラマですが、そのドラマの中に登場する不倫中の女性がこんな事を語っていました。

不倫をする女性は二つのパターンに分けられる。「停滞性」と「略奪性」の二つのパターン。この二つは不倫をする女性に本妻願望(相手の一番になりたいという感情)があるかないかによって異なるということです。

不倫する女性の特徴

「停滞性」の女性は、本妻願望が無い女性です。相手の一番になりたいわけでないので、不倫相手の男性に「奥さんと離婚をして欲しい」とは言いません。肉体関係に重きを置いていて、不倫自体が目的と言える女性です。男性の妻にバレなければ、こじれることはありませんが、ずるずると長引いてしまう女性です。

一方、「略奪性」の女性は、本妻願望がある女性です。好きな人と結婚して幸せになりたいと考えている女性で、決して不倫をしたいわけではありませんが、たまたま好きになった男性が既婚者だった場合に不倫に陥ってしまう女性です。本妻願望があるので、不倫相手の男性に「いつ奥さんと離婚をするの」と迫ります。不倫に対して罪悪感が強く、早く抜け出したいと思っているのですが、相手のことが忘れられません。

少し補足をしましたが、不倫をする女性にはこんな二つのパターンがあると語っていました。

そして、男性。私たち探偵事務所はたくさんの女性から不倫調査の依頼を受けますが、不倫をしている男性は不倫相手の女性と付き合いたいとか妻と別れて再婚をしたいとか思っているケースは多くはありません。不倫相手の女性を口説く為にそのような言葉を口には出しているかもしれませんが、自身の欲(性欲が大半)を満たすだけの行為というのが本音です。

女性がどれだけ本気でも男性が考えている事はこんなことです。こんな男性と恋愛をする意味はあるでしょうか?

 

夫や妻の不倫相手を調べたい方は次のページへ

 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求! 浮気の証拠を集めて慰謝料請求!
記事がお役にたちましたら「いいね!」や「シェア」をお願いします

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ