浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

公式ブログ

ベッキーから学んだ?清水富美加が不倫をやめたきっかけ

2017年2月20日

こんにちは、不倫調査の探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。最近の話題と言えば清水富美加さんでしょうか。清水さんはNHKの朝ドラのヒロインの親友役から人気女優へと一気に駆け上がったイメージがありますが、先月「幸福の科学」に出家する事を発表し、事務所とのトラブルや出演映画の降板など様々なことが話題になっています。

その中でもやはり不倫調査の依頼が多い探偵である私が注目したのは清水さんの不倫報道です。いつも不倫の話題ばかりで申し訳ありません…

不倫をやめるきっかけ
※写真はイメージです

出家後に発売された清水さんの告白本の中では「悩みの種だった好きな人のことも忘れ…」という記載だけで明確に不倫をしていたことは明かされていませんでしたが、スポーツ紙が人気ロックバンドのメンバーとの不倫であることを報じました。

そして先日、人気ロックバンド「KANA-BOON」のベースを担当している飯田祐馬(めしだゆうま)さんが、清水さんと不倫関係にあったことを公式サイトで発表しました。世間に広く知れ渡る前に自ら名乗り出る形での発表は異例と言えます。

飯田さんはKANA-BOONの公式サイトで、「私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました」と清水さんとの不倫を認めた上で、2014年4月に一般人女性と入籍をしたこと、2015年6月から既婚者であることを隠して清水さんと交際を始めたこと、2015年9月に清水さんに既婚者であることを打ち明けて謝罪したこと、その後も奥様との離婚をほのめかしつつ2016年1月まで清水さんとの交際を続けたことなどが赤裸々に明かしています。

そして、「清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実」「その事実に誠意を持って向き合い、深く反省している」「妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決している」などとコメントし、夫婦間では既に不倫問題の話し合いが済んでいることを明かしました。

清水さんとの不倫関係は約半年間に及んでいたようですが、その後の報道では清水さんと別れたきっかけになったことがベッキーさんと川谷絵音さん(ゲスの極み乙女。)の不倫報道であったことが報じられています。休業というベッキーさんと川谷さんの不倫報道の顛末を見て、危機感を持ったということです。

不倫で休業

飯田さんも川谷さんも同じミュージシャン、不倫相手が人気タレントという共通点があったことで、重なる部分が多かったということでしょう。また、ベッキーさんが不倫報道によって司会を降板した情報番組「にじいろジーン」の後任に清水さんが抜擢されたことも影響したのもかもしれません。

不倫をやめるきっかけは様々です。夫や妻にバレたことでやめたり、バレそうになったからやめたり、自分自身で改心をしてやめたり(あまりありませんが)、不倫相手が離れていったから自分の意思とは関係なくやめることになったりなどです。そして、今回の飯田さんと清水さんのように他人の不倫の悲惨な顛末を見て、危機感を持つことも不倫をやめるきっかけの一つです。

そういった意味では有名人の不倫が大きく報じられることの意味はあるのかもしれません。不倫を報じられた有名人が休業になったり離婚となってしまったりすることを目にする事で、不倫をしている方々が「自分もそうなってしまうかもしれない」と不倫をやめるきっかけになるのかもしれません。

とは言え、”人の振り見て我が振り直せ”が出来る人はそもそも不倫をしないのかもしれません。不倫をしている人は図太い人が多いですから…

本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

夫や妻の不倫をやめさせい方はまず証拠集めから 次のページをご覧ください

 

不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第8回 離婚カウンセラーは必要?

2017年2月15日

不倫調査に特化した探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

夫や妻の不倫の証拠を集めたいと考えている方に向けて、不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイントを紹介しています。第8回目は「離婚カウンセラーは必要?」と題して、探偵事務所の不倫調査における離婚カウンセラーの必要性を紹介していきます。

離婚カウンセラー

探偵事務所の調査と相談とは?

探偵事務所のメインのサービスは証拠を集める為の”調査”を行うことです。しかし、その”調査”は依頼人の悩みを解決する為の”手段”でしかありません。探偵事務所の本来の目的は、”依頼人の悩みを解決すること”にあります。

そして、”調査”と双璧をなす悩みを解決する為の手段が、”相談”です。依頼人の悩みを”聞く”という部分です。

探偵事務所のサービスはこの”相談”から始まります。相談者に「どのような理由で調査をしたいのか」を聞き、「その背景にどのような問題があるのか」を理解することで、調査の必要性や提案を行うことが出来るからです。

その為、どれだけ高い調査技術があったとしても、悩みを聞く力が無ければ、相談者は「この探偵は信頼ができない」「この探偵では悩みを解決してくれないだろう」などと依頼には至らず、悩みを解決することにはつながりません。

離婚カウンセラー、夫婦カウンセラーとは?

さて、本日のタイトルに書かれている”離婚カウンセラー”という職業はご存知でしょうか?”夫婦カウンセラー”と呼ばれることもあります。

その名の通り、夫婦問題や離婚問題で悩んでいる方の為にカウンセリングを行う職業です。夫婦問題で悩みを抱えた方がこの離婚カウンセラーや夫婦カウンセラーのカウンセリングを受けることで、問題が整理され、悩みを解決する為の方法に気付き、悩みが解消される可能性があります。一人で抱えた悩みを”吐き出す場”としての役割りも持っていると思います。

夫婦カウンセラー

そして、このような離婚カウンセラーや夫婦カウンセラーという肩書きを持ったスタッフが探偵事務所に在籍していることがあります。このような事務所のホームページには「資格を持った離婚カウンセラーが在籍」「専門の夫婦カウンセラーが担当」などと記載されています。

探偵事務所に離婚カウンセラーが在籍している理由は、先ほど書いた探偵事務所における”相談者の悩みを聞くこと”と、離婚カウンセラーや夫婦カウンセラーにおける”カウンセリング”の内容に重なる点があるからです。

改めて本日のテーマですが、

不倫調査を依頼する際には、離婚カウンセラーや夫婦カウンセラーが在籍する探偵事務所を選んだ方が良いのか?

という疑問の答えを紹介する内容になります。

離婚カウンセラーは民間資格

離婚カウンセラーや夫婦カウンセラーが在籍している探偵事務所に上の質問をした場合には、「夫婦や離婚に関する専門の資格を持ったスタッフなので安心です」と答えるでしょう。

一方このようなカウンセラーが在籍していない事務所に聞いた場合には、「資格といっても民間資格だから意味はない」と答えるでしょう。

さて、どちらが正しいのでしょうか?

まず、離婚カウンセラーや夫婦カウンセラーは国家資格ではなく、民間団体や企業が独自に基準を設けて認定している民間資格です。資格を取得する為には一定レベルの知識は必要ですが、国家資格ほど難易度は高くないと言えます。民間資格はTOEICテストなど社会的な評価が高いものもあれば、一企業が認定したその企業内のみでしか評価されないものまで多岐に渡ります。

離婚カウンセラーの資格

このようなことから「民間資格は意味がない」と考える方も少なからずいますが、多くの民間資格を持った方々が社会で活躍しているので、その意見は正解とは言えません。資格の有無に関わらず、その職業を必要とする方がいれば、その職業には存在意義があるのだと思います。

探偵事務所における離婚カウンセラーのメリットとデメリット

探偵事務所に在籍している離婚カウンセラーに話を戻します。まずはメリットとデメリットを紹介します。

メリット
・離婚カウンセラーの知識は不倫調査を依頼したい人にとってプラスになる
・資格を持っていることで一定レベルの知識を持っていると判断できる

デメリット
・カウンセリングよりも不倫調査の依頼を受ける為の営業目的の可能性がある
・資格を持っているからといって適正なカウンセリングが出来るというわけでは無い
・不倫調査の最適な提案が出来ない可能性がある

まず、メリットに関してですが、離婚カウンセラーや夫婦カウンセラーは「離婚を考えている」など”夫婦関係が悪化や危機”の時に利用される職業です。一方、不倫調査は離婚や夫婦関係の修復、慰謝料請求などを目的として依頼をしている方が大半なので、離婚カウンセラーの知識は不倫調査を依頼したい方にとってもプラスになります。

そして、資格を持っているということは、一定レベルの知識を持っていると判断できる基準になるので、依頼を考えている方にとっては安心できるポイントと言えます。

次に、デメリットに関してですが、探偵事務所に在籍している離婚カウンセラーの資格を持ったスタッフは、本来のカウンセリングが目的ではなく、不倫調査の依頼を取る為に在籍している場合があります。※ 全ての事務所がそうではありません。

このような事務所はカウンセリングが無料となっていることが多いのですが、本来の離婚カウンセラーはカウンセリングをすることによってクライアントから報酬を得ています。これが無料ということは、カウンセリング以外の部分で報酬を得ている(不倫調査の依頼料)ということになるので、カウンセリングを行っても本来の趣旨と異なる為、依頼者にとってマイナスとなってしまう可能性があります。

また、カウンセラーは不倫調査のプロである探偵ではないので、最適な調査の提案をしてもらえない可能性があります。最適な提案とは効果的に証拠を集める為に必要なことです。この提案が不十分の場合には、証拠を集めるまでの時間がかかり、無駄な費用が増えるだけでなく、証拠が取れないことにもなりかねません。

夫婦カウンセラーとは

探偵事務所における離婚カウンセラーの必要性

さて、ここまで説明をしてきましたが、探偵事務所における離婚カウンセラーの必要性をまとめると、

探偵事務所に在籍する離婚カウンセラーは、不倫調査の依頼を取る為の営業が目的の可能性がある。本来のカウンセリングの趣旨とは異なる為、カウンセリングを受けたい場合には、探偵事務所とは関係がない離婚カウンセラーを探すべき。

このような結論になります。

多くの不倫調査の経験を積んだ探偵であれば、その数だけ悩みを抱えてきた人と接し、様々な事例の解決策を知っていると言えます。不倫調査を依頼したい場合には離婚カウンセラーが在籍しているかどうかではなく、最適な方法で不倫の証拠を集めてもらえる探偵選びが肝心です。

「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」の第8回「離婚カウンセラーは必要?」はいかがだったでしょうか?ご不明な点などはページ最下部のお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

 

ガルエージェンシー東京上野の不倫調査を詳しく知りたい方は次のページへ

 

不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第7回 証拠が取れなかったら0円のカラクリ

2017年2月10日

不倫調査に特化した探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

夫や妻の不倫でお困りの方がこのブログに辿り着いたかと思います。そんな皆様の為に不倫調査を依頼する探偵事務所を比較する際のポイントを紹介します。

第7回目の本日は探偵事務所のホームページなどでよく見かける「成功報酬」「失敗したら0円」「証拠が取れなかったら0円」「結果が出なければ0円」などという言葉に関する内容を「証拠が取れなかったら0円のカラクリ」と題して紹介します。

不倫調査には「成功」と「失敗」がありますが、何が成功で何が失敗なのかは曖昧です。”不倫の証拠を取ることが出来たら成功”や”調査がバレてしまったら失敗”はとても分かりやすい状況ですが、”不倫をしていないことが確認できた場合”には成功と失敗のどちらになるのでしょうか?その答えは本日の記事をご覧になってご理解下さい。

調査が成功したか失敗したかの違いによって、依頼者の悩みが解決できるかどうかに大きく関わりますし、調査料金を支払う必要があるかどうかにも影響します。不倫調査における成功と失敗の意味をしっかりと理解しておくことで、トラブルを避けることが出来、良い探偵事務所を選ぶことが出来るので、本日の記事をぜひ参考にして下さい。

不倫調査の証拠

不倫調査の成功の定義とは?

まず、依頼をする側がとても分かりにくい点が、依頼をする探偵事務所によって”成功”と”失敗”の定義が異なるという点です。また、依頼者が考えている定義とも異なる可能性があります。

まずは、大半の探偵事務所が定義をしている成功の条件を紹介していきます。実はとても単純です。上に書いた「成功報酬」「失敗したら0円」「証拠が取れなかったら0円」「結果が出なければ0円」などと記載をしている探偵事務所の多くは不倫調査の「成功」「結果が出たこと」「証拠が取れたこと」をこのように定義しています。

”尾行が成功したら調査は成功”
”尾行が成功したら結果が出た”
”尾行が成功したら証拠が取れた”

このように定義している探偵事務所が多く存在します。これがどのような事を意味するのか?

”不倫の証拠が取れたかどうかは関係がない”

ということです。

夫の不倫調査を例に挙げて説明をします。夫の会社から調査を実施した日、退社した夫は繁華街がある駅まで電車で移動をした後、同僚の男性数人と合流し、居酒屋で食事をしてから帰宅をしました。この日は不倫はしていませんでした。

この結果を”成功”や”結果が出た”や”証拠が取れた”とする探偵事務所が多いということです。上に書いたように”尾行”が”成功”しているからです。不倫相手とは会わなかった為、当然不倫の証拠はありませんが、調査当日の夫の行動を全て把握できたということが”成功”になるからです。

依頼をする側にとっては「不倫の証拠が取れなければ成功ではない」「同僚と居酒屋に行ったことが成功と言えるのか」と思われる方もいらっしゃると思います。この解釈の違いがトラブルの元になってしまいます。

多くの事務所は契約をする前にこの点を依頼者に十分に説明をしていますが、ご自身でもしっかりと確認をするようにして下さい。また、冒頭にも述べたように事務所によって成功の定義は異なるので、上記の例が全ての場合には当てはまらないのでご注意ください。

不倫調査の失敗

不倫調査の失敗の定義とは?

成功の定義は上に説明したように分かりやすいのですが、失敗の定義は複雑です。上の夫の不倫調査の例で言えば、失敗と考えられる状況は以下のような場合があります。

1. 夫が移動している途中で見失ってしまった場合
2. 夫に調査をしていることがバレてしまった場合
3. 夫が退社する姿を確認できなかった場合

このような時が失敗と言えると思います。ただし、3番に関しては調査開始時に夫が会社にいることが条件なので、調査開始前に退社した可能性や外出先から直帰した可能性がある場合には一概に失敗とは言えません。

この”失敗”の定義を確認しておくことは勿論ですが、”失敗をした時に料金を支払う必要があるのかどうか”を確認しておくことも大切です。依頼者目線に立っていない事務所に依頼をしてしまうと、上記のような失敗をしたにも関わらず、調査を実施した時間分は料金を請求される場合があるからです。

上記までは不倫をしていなかった場合の例ですが、不倫をしていた場合にはどうなるでしょうか?例えば、退社した夫が繁華街がある駅まで電車で移動をした後、不倫相手の女性と接触し、ラブホテルで約3時間過ごした後、帰宅をした場合です。

この場合の失敗は上記の1~3の失敗例以外に以下のような場合が考えられます。

4. ラブホテルに出入りをする姿を撮影できなかった場合
5. ラブホテルから出てくる姿を確認及び撮影できなかった場合
6. ラブホテルから出てきた後に見失ってしまった場合

調査の目的が不貞の証拠を撮影すること(ラブホテルに出入りをする様子を撮影すること)が目的だった場合、4番は探偵自身の目でその様子を見ていたとしても写真が撮影できていなければ失敗となる場合が多いと思います。不倫調査では証拠写真が決定的な証拠になるケースが多いからです。

5番は入った姿は撮影をしていても、いつ出て来たのかが分からなかった場合なので、不貞の証拠としては不十分になる可能性があります。例えば、「ラブホテルには入ったが建物を間違えたので直後に出た」などの言い訳をされる可能性があるからです。ラブホテルを利用した場合は滞在時間が有効な証拠になるので、ラブホテルから出て来る姿も重要になります。

6番は不貞の証拠(ラブホテルに出入りをする様子)が撮影出来ていれば失敗とは言えないと思いますが、目的が不倫相手を調べることだった場合には、不倫相手を調査する前に見失ってしまうとその後の調査が困難になってしまうので、失敗になる可能性が考えられます。しかし、依頼者が不倫相手の写真を見る事で心当たりがある可能性もあるので、その確認をする事も必要です。

不貞証拠

探偵事務所側の過失で失敗をした場合には、後日にやり直しの調査をすることが一般的です。また、依頼者が納得できない状況になった場合には、依頼者が納得できるように協議をし、対応をする事務所が大半です。

しかし、自分本位に一方的な主張をする業者が少なからずありますので、依頼をする事務所を選ぶ際には、複数の事務所に相談をして、より良い対応をする事務所選びをして下さい。

私たちガルエージェンシー東京上野も「成功報酬」「失敗したら0円」「結果が出なければ0円」という言葉を使う場合がありますが、相談者にはその定義をしっかりと説明し、納得していただいた後に契約をするかどうかを判断していただいております。

探偵事務所に不倫調査を依頼する方は初めて依頼をする方が大半です。探偵の知識が全く無い不安を抱えた相談者に対して、その不安を取り除く為にしっかりとした説明をする事務所を見つける事が失敗しない探偵選びには必要です。

「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」の第7回「証拠が取れなかったら0円のカラクリ」はいかがだったでしょうか?ご不明な点などはページ最下部のお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

 

ガルエージェンシー東京上野に相談や依頼をお考えの方はまずはこちらをご覧ください

 

不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第6回 調査の未実行分や人数の水増し分の請求は要注意

2017年2月5日

不倫調査に特化した探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

夫や妻の不倫でお困りの方が探偵事務所に不倫調査を依頼する際、失敗しない探偵事務所選びをしていただく為の情報を「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」と題して、紹介しています。

第4回目からは不倫調査の料金に関する情報を紹介しています。本日の第6回目「調査の未実行分や人数の水増し分の請求は要注意」では、”依頼者が気付かないうちに損をしていること”にもなりかねない、騙されていると言っても過言ではない内容を紹介します。

本日紹介する内容は多くの探偵事務所が行っている内容ではなく、一部の悪質な業者が行っている卑劣な行為なので、これから紹介する事例のようなトラブルに巻き込まれない為に参考にして下さい。

不倫調査の比較

調査の未実行分の料金を請求されている?

探偵事務所を選ぶ際は、”不倫調査の結果を調査報告書で貰える事務所を選ぶ事が大切”であることは以前の記事で紹介しました。調査報告書とは簡単に言うと証拠写真と文章で校正された書類のことです。私たちガルエージェンシー東京上野の調査報告書は離婚裁判などでも使用することが出来ます。

以前の記事をご覧になっていない方は、「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第2回 離婚裁判で有効な調査報告書ですか?」をご覧ください。

このような報告の方法以外にも口頭だけの報告、写真だけの報告、文章だけの書類での報告など様々な方法がありますが、調査報告書での報告方法を選択することにより、欲しかった証拠の確認は勿論ですが、何月何日の何時から何時まで調査を実施したという正確な情報を確認することが出来ます。これがとても重要です。

例えば、依頼をした探偵事務所から「証拠が集められました。証拠を集める為に10日間の調査を行いました」と、証拠写真を渡され、10日分の料金を請求されたとします。証拠写真を確認すると、確かに欲しかった不倫の状況が撮影されていました。証拠が取れたことで安堵し、10日分の料金を支払いました。

一見問題は無さそうですが、このようなケースで注意をしていただきたい点があります。それは、支払った料金と手に入った情報が相応しいかどうかという点です。もしも10日分の料金を支払ったにも関わらず、貰えた情報が有効な結果が得られた3日間のみの情報だった場合(不倫の事実を確認できた日だけの情報だった場合)、それは相応しいと言えるでしょうか?

不倫調査は”不倫の証拠が取れたら○○円”という成功報酬型の契約もありますが、一般的には不倫の証拠が取れた取れなかったに関わらず、調査時間や日数の合計によって料金が計算されることが大半です。これは証拠が取れた日も取れなかった日も同様の調査報告書を貰える権利があることを意味していると思います。

そして、調査を実施した全ての日の情報を貰うということは、上の例で言えば10日間の調査を実施したという証明にもなります。悪質な業者は”調査を実施していない日”や”調査が失敗した日”の分まで「調査を実施した」と嘘をついて必要以上の料金を請求している場合があります。

このようなトラブルに遭わない為にも調査を実施した全ての日の調査報告書を貰う事が必要です。これによって不必要な料金を支払うリスクはなくなりますし、有効な証拠が得られなかったとしても調査報告書を確認することで、その事務所のレベルや調査報告書の質を判断する事が出来るからです。

不倫調査の調査報告書

現場に出ていない探偵の水増し請求とは?

続いては、不倫調査を行う探偵の人数を水増し請求している場合がある事例を紹介をします。不倫調査の料金は上記にも書いた調査時間や日数に加えて、探偵の人数によっても計算されることが一般的です。詳しくは以前の記事「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第4回 不倫調査の金額はどのように決まる?」で紹介しましたので、まだご覧になっていない方は今回の記事と併せてご覧ください。

不倫調査を行う探偵の人数は、調査対象者の移動手段など案件の内容によって異なります。2人で行う場合もあれば3人で行う場合もあり、それ以上の場合もあります。この人数によって料金は変わり、人数が多い方が料金は高くなります。

この人数に関するトラブルの事例の一つに、”「5人の探偵が必要です」と言われて料金を支払ったにも関わらず、実際には2人で調査をしていた”ような悪質なケースがあります。

調査を行っている人数は実際に現場に行ってみなければ確認が出来ません。現場に行く事で調査対象者とばったり会ってしまうリスクがあるなど、依頼者側が人数を確認をすることはとても困難と言えます。この状況を利用している上記の例のような悪質な業者がいます。

これを回避する為には複数の事務所に相談をし、人数が妥当なのかを比較してみることです。探偵歴15年ほどの私の経験では、不倫調査で4人以上の探偵が同時に必要なケースはごく一部で、5人以上のケースは稀と言えます。私たちガルエージェンシー東京上野が扱う案件では2人か3人の場合が大半を占めています。

水増しではない場合でも、4人や5人以上の探偵が必要だと提案される場合がありますが、このような提案をする事務所は経験や実績が少なく、調査に自信がない為に人数を増やしている可能性なども考えられます。どちらにしても4人以上の見積もりを出された場合には、別の事務所に相談をして比べることが必要です。

また、人数が多いから安心できると安易に考えることも良い選択とは言えないのでご注意ください。

そして、一つ注意をしていただきたい点は、適正な人数を提案した探偵事務所に対して、「料金を安くしたいから人数を減らして調査をして欲しい」という要望を出すことは要注意です。誰もが出来るだけ安い金額で依頼をする方法を考えていますが、適正な人数以下での調査は成功率をガクンと下げてしまうことにつながります

調査に関する事はプロに任せましょう。ただし、契約をする上ではその内容に関して説明を受ける権利があります。適正な人数に関して納得できる説明が無かった場合には、その事務所への依頼はやめた方が良いでしょう。

不倫調査の選び方

待機している探偵の人数も請求される?

最後にもう一点、相談をした探偵事務所から「調査対象者に調査をしていることがばれないように探偵を途中で入れ替えます」という説明がある場合があります。同じ探偵が長時間の尾行を続けることで相手に認識されてしまう可能性があるので、このような入れ替えをすることは珍しいことではありません。注意をしていただきたいケースは以下のような場合です。

例えば、実際に現場で調査をしている探偵は3人だけなのに、入れ替えの為に待機をしている別の探偵3人の分を含む、合計6人分の料金を請求されるケースです。しかし、これは一般的ではありません。どのような説明や理由があったとしても実際に現場で調査をしている人数で料金は計算されるべきです。

もしも相談に行った事務所にこのような提案をされた場合、探偵のレベルが低い、調査に自信が無い、依頼者目線では無い、この何れかの事務所と判断して良いと思います。他に良い事務所はたくさんありますから、あえてその事務所を選ぶ必要は無いと思います。

不倫証拠の写真

本日紹介した事例は決して多いケースではありません。一部の悪質な業者が行っている事例として紹介をしました。悩みを抱えている状態は普段よりも判断力が鈍っている可能性がありますので、上記のようなトラブルに巻き込まれない為にも、探偵事務所選びで基本となる”複数の事務所に相談に行って比べる事”を心掛けて下さい。

「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」の第6回「調査の未実行分や人数の水増し分の請求は要注意」はいかがだったでしょうか?ご不明な点などはページ最下部のお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

 

ガルエージェンシー東京上野の詳しい情報は次のページから

 

不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第5回 不倫調査は100万円以上はありえない

2017年1月30日

こんにちは、不倫調査に特化した探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

夫や妻の不倫でお悩みの方に探偵事務所に不倫調査を賢く依頼する方法を「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」と題して、紹介しています。

前回の「不倫調査の金額はどのように決まる?」では、不倫調査の費用がどのように決まるのかという基本的なポイントを紹介しました。第5回目の「不倫調査は100万円以上はありえない」では、更に不倫調査の費用に関する内容を掘り下げて、どのようなポイントに注意をして比較をすれば良いのかを紹介していきます。

前回もお話しましたが、不倫調査の金額はそれぞれの探偵事務所が独自の方法で決めています。その為、依頼をする事務所によって金額に大きな違いが生じています。まず始めに言っておくべきことは「金額が高ければサービスの質も良いだろう」とか、「金額が安いから依頼をしよう」などと、金額だけで判断をしてしまうと探偵事務所選びは失敗してしまいます。ぜひこれまでの記事を参考にして下さい。

そして、不倫調査の金額に関して特に注意していただきたいケースは、以下のような場合です。

1. 金額が100万円以上だった場合
2. 金額や契約の話ばかりする場合
3. 証拠が取れなかったら0円の場合

不倫調査のお金

1. 金額が100万円以上だった場合

私は探偵歴15年ほどなのですが、不倫調査の見積もりで100万円以上の金額を提示したことは一度もありません。もしもこのような見積もり額を提示する事務所があった場合には、”経験が浅い探偵事務所、もしくは、依頼者目線に立っていない探偵事務所”、そのどちらかだと思います。

一般的な探偵事務所はまず”どのように調査を行なえば証拠が取れるのか”を考えます。その後に見積もりを算出します。これが基本的な対応ですが、依頼者目線に立っている探偵事務所の場合には、一般的な探偵事務所と同様に”どのように調査を行なえば証拠が取れるのか”をまず考えるのですが、その後に”どのように調査を行えば効率の良い方法で証拠を集められるのか”を考えます。

効率の良い方法とは、出来るだけ短時間(もしくは短期間)で証拠を集めることです。短い時間で証拠を集めることにより依頼者の金銭面の負担が軽くなり、短い期間で悩みが解決することにより精神的な負担も軽くなります。

一般的な探偵事務所ではなく、依頼者目線に立っている探偵事務所を選んで下さい。

そして、決して少なくないケースなのですが、私の事務所に相談にお越しになったお客様から「他の探偵事務所で100万円以上(場合によっては200万円以上)の見積もりを提示された」というお話を伺うことがあります。

このような依頼者の負担を考えない見積もりを提示する事務所は避けた方が良いでしょう。これは「私たちは効率の良い方法で証拠を集める方法を知らない。実績や経験が少ない探偵事務所です」と自ら言っているようなものですから。

探偵事務所の料金

2. 金額や契約の話ばかりする場合

金額や契約の話はとても重要な話の一つですが、最優先にすべき内容ではありません。探偵が最優先にすべきことは、目の前の悩みを抱えた相談者に対して、悩みを解決する為に必要な証拠の説明や調査方法を提案することです。

相談者には、探偵事務所に依頼をすることで自分の悩みがどのように解決できるのかという説明を受ける権利があります。その説明をないがしろにし、「まずは調査をしてみましょう」「解決方法は後から考えましょう」など契約を急がせるようでは、相談者の不安を解消することにはつながりません。

探偵は法律の専門家である弁護士ではないので、法律相談が出来るわけではありません(※非弁行為に当たる可能性があるからです)。しかし、これまで扱ってきた事例や解決策からアドバイスをすることは出来ます。

調査提案や解決策という探偵業務の基本的な説明をしないことは論外ですが、調査すること以外は専門外だからと言って情報を提供しないような事務所は避けた方が良いでしょう。探偵は調査をすることが仕事ではなく、悩みを解決することが仕事だからです。

探偵事務所の仕事

3. 証拠が取れなかったら0円の場合

「成功報酬制度あり」「結果が出なければ0円です」など、依頼をする側にとって良心的に見えるフレーズを掲げている探偵事務所は少なくありません。私たちガルエージェンシー東京上野もこのような言葉を使うことがあります。

この言葉自体に問題は無いのですが、これがどのような意味なのかをしっかりと説明しない場合があるので注意が必要です。”成功の条件”や”結果の定義”は事務所によって異なっています。

依頼をする側がこの言葉から受け取るニュアンスは、「不倫の証拠が取れなければ無料」という意味だと思います。しかし、実際はこのような意味ではなく、”成功”や”結果”の定義は”証拠が取れたこと”ではなく、”尾行が成功したこと”を意味することが大半です。

例えば、調査を実施した日に不倫相手と会わずに帰宅した場合でも「帰宅するまでの行動が全て確認できた場合には、”成功した”や”結果が出た”」ということになる場合があります。

この異なる認識のまま後から高額な費用を請求されないように、必ず”成功の条件”や”結果の定義”を確認して下さい。

不倫調査の成功

以上が不倫調査の費用に関して、特に注意をしていただきたい点です。契約をした後や調査が終了した後などに事前に説明を聞いていなかった費用を請求されることがないように、ご自身から説明を要求することも必要です。

探偵事務所に相談する方は初めて相談をする方が大半で、しかもその一回が一生に一回になる方がほとんどです。しかし、その一回は人生にとって大きな岐路になる可能性があります。その重要な一回を失敗しない為に探偵事務所選びを行って下さい。

「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」の第5回「不倫調査は100万円以上はありえない」はいかがだったでしょうか?不倫調査の料金に関しては、もう少し紹介したい内容があるので、次回の記事で改めて紹介したいと思います。ご不明な点などはページ最下部のお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

 

ガルエージェンシー東京上野を詳しくお知りになりたい方は次のページへ

 

不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第4回 不倫調査の金額はどのように決まる?

2017年1月25日

こんにちは、不倫調査に特化した探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

夫や妻の不倫の証拠を集めたい時に不倫調査を依頼する探偵事務所を探すポイントを「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」と題して、紹介しています。

第4回目の「不倫調査の金額はどのように決まる?」では、不倫調査の料金に関するポイントを紹介していきます。

探偵業界は業界内で統一している料金体系「この範囲で料金を決めなさい」という規則などはありません。個々の事務所が独自の判断で金額を決めています。探偵事務所に依頼をしたい方にとっては、”相場が無いこと”は比較が難しい点の一つです。

それでは、不倫調査の費用がどのように決まっているのかを紹介していきます。

多くの探偵事務所は”調査を実施した合計時間”で不倫調査の料金を決めています。例えば、女性からの依頼で旦那さんの不倫調査を実施した場合、旦那さんが退社予定の夕方6時から調査を開始し、帰宅をした夜11時で調査が終了した時には、合計5時間の調査を実施したことになります。この合計時間で料金が計算されることが一般的です。

そして、その際に考慮される内容が以下の点です。

1. 1時間の単価
2. 探偵の人数
3. 基本時間
4. 日数
5. 経費(実費分)
6. 経費(その他)

不倫調査の料金

1. 1時間の単価

1時間毎にかかる費用の単価です。例えば、1時間の単価は5,000円、10,000円、20,000円など事務所によって様々です。この単価にも相場があるわけではありません。この単価が不倫調査の料金が決まる上で基本になります。

2. 探偵の人数

相談内容によって証拠を集める為、調査を成功させる為の調査方法は異なり、それに必要な探偵の人数も異なります。

例えば、調査対象者(以下、対象者と記載します)が電車で移動をする人物なのか、自家用車で移動をする人物なのか、タクシーで移動をする人物なのかという移動手段の違いによって、尾行に必要な人数は異なります。また、開始をする場所が大規模のオフィスビルやマンションなのか、それとも一戸建てや小さな雑居ビルなのかという開始場所の違いによって、張り込みに必要な人数は異なります。

調査方法は依頼をする事務所によっても異なるので、同じ案件だとしても探偵が2人必要だと考える事務所もあれば、3人は必要だと考える事務所もあると思います。人数が多い方が成功率が上がるから良い、少ない方が料金が安いから良いとは一概には言えません。

そして、この”2. 探偵の人数”が決まる事により、その人数と”1. 1時間の単価”で決められた金額で計算をします。例に挙げた5時間の調査の場合で、1時間の単価が5,000円、探偵の人数が2人だった場合には、5時間×5,000円×2人という計算になり、5時間5万円という料金が算出されます。

3. 基本時間

不倫調査の料金は上記の”1. 1時間の単価”と”2. 探偵の人数”で計算されることが一般的ですが、”3. 基本時間”を設定している事務所が多く存在します。例えば「1日の調査は3時間から承ります」という決まりを定めている場合です。

例に挙げた5時間の調査の場合で基本時間が3時間だった場合には、超過している2時間分が延長料金として計算されるだけなので問題はありません。しかし、「1日の調査は8時間から承ります」という事務所に依頼をした場合には、5時間の調査でも8時間分の料金が必要になり、3時間分の余計な料金が必要になる場合があるので、注意をして下さい。

基本時間は3時間、4時間、5時間、6時間…と事務所によって様々です。依頼をする側にとっては短い基本時間を設定している方が親切と思われるかもしれませんが、短時間でも単価が高いことがあります。総合的な料金で比較をする事が良いでしょう。

不倫調査の金額

4. 日数

不倫調査は1日で証拠を集めることが出来ればそれに越したことはありません。しかし、不倫相手と会ったとしても食事だけでホテルなどに行かず不貞行為が無かったという事は往々にしてあります。不倫相手に会う日に調査を行うことは簡単なことではないのですが、それ以上に不貞行為がある日に調査を行うことは簡単ではありません。

不貞証拠が必要な依頼だった場合には1日で証拠が集められなければ、2日目、3日目…と追加の調査が必要になります(契約内容や依頼者との協議で決まります)。最終的に何日間の調査を実施したかが料金を計算する上では重要になります。

契約内容によっては始めから5日間の調査を実施する契約をする場合もあります。「5日間かの調査を行うことで、不貞行為の証拠を集められるだろう」と予測を立てた場合や5日間など複数日の契約をすることによって、”1. 1時間の単価”が安くなることなどの理由です。

そして、この調査日数が決まることで、”1. 1時間の単価”と”2. 探偵の人数”と”3. 基本時間”の全ての項目に更に日数分が加算されることになります。

5. 経費(実費分)

この費用は経費の中でも尾行中に発生した費用のことを指します。対象者が電車に乗れば探偵も電車に乗りますし、対象者が自家用車で移動中に高速道路を利用すれば、探偵も同じように高速道路を利用します。この時に発生した移動代の実費(発生した費用そのままの金額)が経費になります。

他には、尾行をする為に利用したタクシー代、調査車両(尾行の為の車両)のガソリン代、張り込み時に利用した駐車場の駐車場代など、対象者の張り込みや尾行をする上で必要不可欠な費用が経費となります。探偵が事務所の所在地から現場に行くまでの交通費などが含まれる場合も多いです。

このような経費を”1. 1時間の単価”に組み込み、別途に請求しない事務所もあります。単価の金額にもよるので、どちらが良いのかは一概には言えませんが、このような経費は一般的な不倫調査の内容であれば1日に数千円程度だと思います。

不倫調査の費用

6. 経費(その他)

この費用は調査中に発生する費用以外の経費です。例えば、撮影機材代、報告書作成代、写真現像代、車両代、下見代(予備調査とも言います)などです。その他にもそれぞれの事務所が独自で決めている項目があります。

この経費の金額をそれぞれに設定すると非常に細かく分かりづらくなってしまう為、”1. 1時間単価”に組み込み、個別の経費として金額を設定していないことが多いですが、中には設定している事務所もあるので、事前に確認をしましょう。

トラブルになるケースとして、契約時には説明していなかったこのような経費を調査終了後に請求されるようなケースが稀に発生しています。

以上の点が代表的な不倫調査にかかる費用です。

前述したように探偵事務所の不倫調査には相場があるわけではなく、それぞれの事務所が独自に決めている金額です。高いから良い、安いからダメ、逆に安いから良い、高いからダメと料金だけで探偵事務所選びをするのではなく、これまでの記事を参考にして自分に最も合う探偵事務所を選んで下さい。これまでの「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」はこちらから。

「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」の第4回「不倫調査の金額はどのように決まる?」はいかがだったでしょうか?今回はまず基本的な不倫調査の料金がどのように決まっているのかを紹介しました。次回は更に詳しく料金で比較をするポイントを紹介します。ご不明な点などはページ最下部のお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

 

ガルエージェンシー東京上野への相談や依頼は次のページから

 

不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第3回 大手の探偵事務所ですか?

2017年1月20日

こんにちは、不倫調査に特化した探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

不倫調査を依頼する探偵事務所選びで困っている方や迷っている方の為に「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」と題して、どのようなポイントに注意をして探偵事務所選びをすれば良いのかを紹介しています。

第3回目(全5回予定)の「大手の探偵事務所ですか?」では会社の知名度や規模で比較をするポイントを紹介していきます。

本日の結論を先に言いますと、

”三社以上の探偵事務所(大手事務所を必ず含める)に相談をして(会って相談をすること)比較をすること”

です。

不倫調査の相談依頼

探偵になる為には資格は必要なく、届出を出せば誰でも(欠格事由はあります)営業が出来る業種です。資格制ではないということは、技術や知識が無い人や会社でも届出さえすれば、依頼を受けることが出来るということです。

探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)によって、依頼を受ける際などに必要な決まりは定められていますが、調査や報告の方法という具体的な点はマニュアルなどがあるわけではなく、その方法は個々の事務所によって大きな違いが生じています。

このことから、インターネットなどで探偵事務所を探した際、「良そうだな」と思った探偵事務所でも実はまだ経験が少なく、実績が無い探偵事務所の可能性があるわけです。ですから、「多くの事務所に相談に行きましょう」「比較をしましょう」という事をお勧めしています。

その際にどのような点で比較をすれば良いのかは、第1回目「その調査力で不倫の証拠が取れますか?」や第2回目「離婚裁判で有効な調査報告書ですか?」、そして今後の記事を参考にして下さい。

そして、”三社以上の探偵事務所(大手事務所を必ず含める)に相談をして(会って相談をすること)比較をすること”で重要な点は、”大手事務所を必ず含める”という点です。

探偵事務所に限らず電化製品や食料品などを購入する際、有名な会社の商品名前を聞いたことがある会社の商品を選んで購入する方は多いと思います。その商品の専門家ではない消費者にとって「多くの人が購入している商品なら大丈夫だろう」「売れているのだから良い商品だろう」という考えがあるからです。

そして、”比較をすることはとても面倒なので、売れている商品や有名な商品をついつい買ってしまう”という点もあると思います。売れている商品は、ある程度の満足感が得られる商品と言えますし、購入した方の多くが買って損をした商品であれば売れ続けることは無いからです。

売れている商品

売れている商品以外にも素晴らしい商品はたくさんあると思います。大手や有名ではない小さな会社が作っている商品が素晴らしい品質で満足度が高いことは良くあることです。

しかし、探す事が面倒であったり、比較をする時間がなかったりなど、自分にとってベストな商品を探す事には様々な弊害があります。そこで、”大手事務所を必ず含める”ことが重要になります。

なぜ大手の探偵事務所から選ぶ事が良いのか?一番の理由は”売れている(依頼が多い)から”です。依頼が多いということは、以下のことを証明していると言えます。

1.多くの依頼者が満足をしている
2.様々なケースを解決した経験がある
3.会社として安心ができる

大手の探偵事務所

1.多くの依頼者が満足をしている

上記にも記載しましたが、依頼が多いということは、多くの依頼者が満足をしていることに繋がります。インターネットで様々な情報が得られる現代では、品質の悪いサービスが売れ続けるということは考えにくいと思います。満足をした依頼者からの口コミなどが広がることで、更に依頼が増え、会社として発展した結果、大手と言われる探偵事務所となっています。

ちなみに、大手の基準には様々な考え方があると思いますが、私は創業30年以上、全国に約20店舗以上の事務所を構えていることが基準になると思います。この基準を満たす探偵事務所は「原一探偵事務所」さんと「ガルエージェンシー」くらいだと思います。他にも老舗やテレビに出ている探偵事務所はいくつかありますが、大手と言うとごく一部に限られます。

※比較サイトやランキングサイトなどの情報はご注意ください。以前紹介した記事「ガルエージェンシー東京上野が探偵比較サイトに掲載されてない理由」を参考にして下さい。

2.様々なケースを解決した経験がある

依頼が多い探偵事務所は、様々なケースの案件に対応し、経験を積み重ねています。100人の依頼者がいれば100通りの解決方法、調査方法が存在します。その経験が多くなれば多くなるほど、依頼者にとって「自分が抱えている問題の解決策を知っている探偵事務所」になっていきます。

これによって効率的かつ早期に悩みを解決できることに繋がるので、時間面、精神面、金銭面など多くの点でメリットがあります。

3.会社として安心ができる

大手の探偵事務所は、組織として依頼者の問題を解決する為の効率的なシステムの構築優秀な探偵(社員)を育成する為の教育を行っています。また、トラブルなどが起こった際には個人事務所や小さな会社よりも適切な方法でのトラブル回避が期待できます。

また、テレビ出演など各メディアからの取材を受けることが多い事も信頼できるポイントの一つと言えます。

有名な探偵事務所

以上の点が探偵事務所を比較する際に大手の事務所を含めることのメリットです。私たちガルエージェンシー東京上野が大手だから大手を推奨しているわけでは決してありません。大手には大手になった理由と裏付けがあるということです。

時間的にも精神的にも余裕があるのであれば、本日の結論の通り三社以上の事務所を比較する事が良いと思います。そのような余裕が無い場合でも、探偵業界というまだ発展途上の業界の中から良い探偵事務所を見つける為には、一つの事務所だけでなく、二社以上の事務所を比較をすることがとても大切なポイントです。

「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」の第3回「大手の探偵事務所ですか?」はいかがだったでしょうか?ご不明な点などはページ最下部のお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

 

ガルエージェンシー東京上野への相談や依頼はこちらから

 

不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第2回 離婚裁判で有効な調査報告書ですか?

2017年1月15日

こんにちは、不倫調査に特化した探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

探偵事務所は様々な悩みやトラブルを解決したい方からの調査の相談や依頼をお受けしています。中でも特に多いのが夫や妻の不倫に関する相談です。

依頼を考えた方々の多くはインターネットから検索をして探偵事務所を探していると思いますが、検索結果にはたくさんの探偵事務所が出て来るので、その中で自分に合った探偵事務所を選ぶ事は簡単な事ではありません。

探偵事務所を比較

そのような皆様に参考にしていただける情報を「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」と題して紹介しています。

前回の第1回目「その調査力で不倫の証拠が取れますか?」では、探偵事務所の調査力に関する内容を紹介しました。第2回目の今回は「離婚裁判で有効な調査報告書ですか?」と題し、探偵事務所が依頼者に渡す調査結果、報告方法に関する内容を紹介します。

探偵事務所の調査報告とは?

まず、依頼をする探偵事務所や契約をする内容によって、調査をした結果をどのように知ることが出来るのかは異なります。代表的な方法は以下の5つの方法です。

1.電話や対面での口頭による報告
2.携帯電話(スマートフォン)やパソコンを利用したメールによる報告
3.写真による報告
4.文章による報告
5.写真及び文章による報告

以上のような方法が代表的な方法です。

先ほども書きましたが、依頼をする探偵事務所や契約内容によってこの報告方法は異なるので、

”自分がどのような悩みやトラブルを抱えているのか”
”その悩みを解決する為にはどのような情報や証拠が必要なのか”
”その証拠をどのような形で欲しいのか”

ということを事前に考えておかなければいけません。相談できる弁護士がいる場合には、弁護士の意見を取り入れることも必要です。

このような報告方法に関してトラブルになる可能性がある場合としては、依頼者側は”写真で結果を貰うことが出来る”と思っていたのに、実際には”文章でしか情報が貰えなかった”などの場合です。

離婚裁判などを考えて不倫調査を依頼したのであれば、不貞の証拠として認められる為の”決定的な場面が写っている写真”が必要な場合が多いので、文章だけでは不十分となってしまいます。

不貞の証拠

このようなトラブルにならない為には、契約内容をしっかりと確認し、契約書にその内容が記載されているのかを事前に確認しなければいけません。

依頼者側が事前に聞かなかったとしても探偵事務所側に説明責任がある内容と言っても良いので、”事前にどのような結果で報告をするのかを説明しない探偵事務所”の場合には依頼をする事はやめた方が良いでしょう。

調査結果は写真と文章で貰うべき

どのような証拠が必要かによって依頼者自身が報告してもらう方法を決めても良いと思いますが、依頼当初の気持ちと結果を知った後の気持ちは変わることがあります。

例えば、依頼した当初は「不倫をしているのか事実を知るだけで良い」と考えていた方が、夫や妻が不倫をしている事実を知った後に「やっぱり離婚をしたい」「不倫相手に慰謝料請求をしたい」と気持ちが変わったり、やりたい事が増えたりする場合があります。

このような場合、契約内容を口頭報告にしてしまうと、せっかく不倫をしている事実が分かって証拠を集められるチャンスがあったにも関わらず、裁判や協議で必要となる”不倫現場の写真”を手に入れる事が出来ないという可能性が生じてしまいます。

探偵歴15年の中で多くの不倫調査を経験してきた観点からアドバイスをさせていただきますと、上記5つの報告方法の中では5.写真及び文章による報告を選んだ方が良いでしょう。

3.写真による報告でも場合によっては十分な証拠になりますが、写真だけでは把握できない細かい内容を文章で補足してある方が実際に不倫をしている場面を見ていない依頼者でも分かりやすい内容と言えます。私たちガルエージェンシー東京上野では5.写真及び文章での報告を推奨しております。

調査報告書のサンプルで調査力が分かる?

以上のような理由から調査結果の報告方法は5.写真及び文章での報告(以下からは調査報告書と記載します)を選んだ方が良いのですが、実際にどのような調査報告書を貰えるのか”調査報告書のサンプル”を事前に見せてもらうことが肝心です。

このサンプルを見せて貰わなければ、やはり「思っていた証拠と違う」「必要としていた写真ではない」など、依頼者側と探偵事務所側の考えの違いが生じてしまう可能性があります。もしも「サンプルが無い」と言われた場合には、その探偵事務所の依頼はやめた方が良いでしょう。

不倫調査の調査報告書

先程もお話しましたが、不倫調査を依頼する方の多くは「夫や妻と離婚をしたい」「夫や妻や不倫相手に慰謝料請求がしたい」など、相手との裁判や協議で有効となる不倫の証拠を必要としています。

そのような場合に必要な証拠は、ラブホテルの出入り不倫相手との旅行不倫相手の自宅に宿泊をしているなどの様子を撮影した写真です。このような決定的な場面の写真を貰える探偵事務所を選ぶ事が重要です。

探偵事務所の中には「証拠写真が取れなかった場合には裁判で私たちが不倫をしていたことを証言します」という探偵事務所があります。このような証言だけでは証拠として認められない可能性がある為、相手との裁判や協議を進める事はとてもリスクがあります。このような発言をする探偵事務所への依頼はやめた方が良いでしょう。

前回の記事では調査力に関する内容を紹介しましたが、その調査力がいくら高くても調査報告書という形で証拠が貰えなければ依頼をした意味はありません。探偵事務所選びを失敗しない為に前回の記事と合わせて今回の内容を参考にして下さい。

「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」の第2回「離婚裁判で有効な調査報告書ですか?」はいかがだったでしょうか?ご不明な点などはページ最下部のお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

 

ガルエージェンシー東京上野への相談や依頼は次のページから

 

不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント 第1回 その調査力で不倫の証拠が取れますか?

2017年1月10日

こんにちは、不倫調査に特化した探偵事務所ガルエージェンシー東京上野の高木です。

夫や妻の不倫が発覚したり、不倫をしている可能性があったりした際、不倫調査を依頼する探偵事務所を探す手段として電話帳や知人に紹介してもらうなどの方法もありますが、パソコンやタブレット、スマートフォンなどを使い、インターネットでご自身で探すという方法を取っている方が多いと思います。

インターネットで検索をすると、たくさんの探偵事務所のホームページや比較サイトなどがヒットします。しかし、何を基準に選べば良いのか、どこを比較すれば良いのかを正しく見極める事は初めて依頼をする方にとっては簡単なことではありません。

興信所の比較サイト

そこで、探偵歴15年の私がこれまでの経験で培ってきた知識と情報を「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」と題して、皆さんに紹介していきたいと思います。

第1回目の「その調査力で不倫の証拠が取れますか?」では、探偵事務所を調査力で比較する際に必要なポイントをご紹介します。不倫の証拠を集める上で最も必要と言っても良い点が”探偵事務所の調査力”です。いかに調査力が高い探偵事務所を選ぶかが重要になります。

探偵事務所の調査力とは

まず、”調査力”とは何を意味するのでしょうか?調査をする力のことですから、不倫調査の場合には、”不倫の証拠を集める為の力”のことを指します。それでは”不倫の証拠を集める為の力”とは?

不倫調査の手段は大きく分けると張り込み、尾行、撮影の三つの手段に分けられます。

張り込みとは、ある場所を監視して、その場所の状況や変化を確認することです。
尾行とは、ある人物の後をつけて、その相手の行動を把握することです。
撮影とは、張り込みや尾行中に得た情報を記録(証拠)として残すことです。

この三つの手段を駆使して不倫調査は行われるので、この技術が高い探偵事務所が”不倫の証拠を集める為の力がある探偵事務所”と言えます。

探偵の撮影

インターネットを利用し、探偵事務所のホームページを見てみると、様々な情報が得られますが、どのホームページを見ても、「調査力が高いのでお任せください」「調査力には自信があります」などというような宣伝文句を使い、調査力が高いことをアピールをしています。

かく言う私の探偵事務所ガルエージェンシー東京上野も例外ではありません。しかし、それが真実の情報なのかは依頼者には分かりませんし、他の探偵事務所とどう比較をすれば良いかも分かりません。誇大広告の可能性もあると思います。

そこで、”調査力が高い”という言葉だけでなく、その裏付けが記載されているかどうかを判断基準にして下さい。丁寧に説明をすることは、相談者に安心してもらう為に必要な手段であり、発信すべき情報です。このような説明をしっかりとしている探偵事務所に依頼をすることが良いでしょう。

探偵事務所の調査力を比較するポイント

それでは、具体的にどのような点が記載されていることが良いのか、以下をご覧ください。

1.調査実績
2.調査成功率
3.お客様満足度
4.得意とする調査内容
5.スタッフの採用
6.スタッフの教育
7.その他の裏付け

探偵事務所の比較

まず、1.調査実績は、これまでに何件くらいの調査を行ってきたのかという経験値を判断するデータです。2.調査成功率3.お客様満足度は、満足した結果が得られた依頼者がどれくらいいるのかを判断するデータです。

探偵事務所に限らずどのような事でもそうだと思いますが、経験の積み重ねが成果を上げる為には必要で、多くの実績を上げていることは様々なケースを解決してきたという証になります。このような実績を包み隠さず記載しているかどうかが探偵事務所を比較する上では重要です。

次に、4.得意とする調査内容は、その探偵事務所がどのような調査を専門としているのかを判断する為に必要な情報です。探偵事務所には不倫調査以外にも人探しや盗聴器の発見、信用調査や企業調査など、様々な内容の依頼があります。この中で特にどの依頼が多いのか、どの依頼が専門なのかが重要です。

不倫調査を依頼したい場合には、人探しの依頼が多い事務所ではなく、不倫調査の依頼が多い事務所に依頼をするべきです。「どんな調査でもお任せ下さい」ではなく、「不倫調査はお任せ下さい」という探偵事務所を探しましょう。

そして、5.スタッフの採用6.スタッフの教育はどのような人物(探偵)が調査を行っているのかを判断する上で必要な情報です。調査は探偵個人が行うことなので、その探偵の技術レベルが調査力を判断する上ではとても重要なポイントです。

探偵の技術を習得する為には、多くの知識と訓練が必要です。その為に”どのような教育や研修を行っているのか””どのような人物を採用しているのか”が説明している探偵事務所が安心でしょう。経験のない人物が調査を行うよりも、訓練をした人物が調査を行っている方が安心なのは言うまでもありません。

最後に7.その他の裏付けは、上記以外の点で調査力が高い理由を説明しているかどうかという点です。依頼者の不安を取り除く為の説明と努力をしているということが、安心できる探偵事務所と言えるのではないでしょうか。

安心の探偵事務所

さて、ここまで説明をしてきましたが、上記の説明が一切無い探偵事務所でも腕の良い、サービスの良い探偵事務所はたくさんあります。しかし、情報を発信していない中から腕の良い事務所を探すことは至難の業ですし、そのような事務所に相談や依頼をすることはとてもリスクがあることです。

一社一社に出向いて説明を受ける時間があるのであれば良いですが、現実的には2,3社を回れる程度だと思うので、まずは上記のような説明をホームページに記載している探偵事務所を選ぶ事から始めましょう。

「不倫調査を依頼する探偵事務所の比較ポイント」の第1回「その調査力で不倫の証拠が取れますか?」はいかがだったでしょうか?ご不明な点などはページ最下部のお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。

 

ガルエージェンシー東京上野への相談や依頼は次のページから

 

2017年の仕事初め 総合探偵社ガルエージェンシー東京上野

2017年1月5日

新年明けましておめでとうございます。総合探偵社ガルエージェンシー東京上野の高木です。このブログをお読みいただいている皆様、弊事務所にご依頼をいただいた皆様、ご協力をしていただいている皆様、昨年は誠にありがとうございました。皆様のお蔭でこうして2017年の新年を迎える事が出来ました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

お節料理

私、お節料理が大好きです。一品一品が華やかで美味しい事は勿論ですが、色々な料理を少しずつ食べられるのが良いですよね。もう5日なのでお正月の余りが出て来る程度で少し残念ですが、スーパーで安くなっている黒豆や栗きんとんを見つけると、ついつい買ってしまいます。

さて、探偵の仕事は正月休みがあるわけではないので、仕事初めは自動的に1月1日になります。そんな中、今年の1月1日に相談電話が入りました。今年一人目のご相談者様です。そして、その内容はやはり不倫に関するご相談でした。

その後、2日、3日、4日と何度かご相談をお受けしたのですが、その全てが不倫に関するご相談でした。夫や妻が不倫をしている方にとって、正月だからと言ってのんびり休めるわけではありません。悩みを抱えて、もやもやした日々を過ごしています。

「せっかく新年になったのに」「昨年中に悩みが解決しなかった」と、嘆いている方が多い事を感じた2017年のスタートでした。

不倫の悩み

様々な悩みやトラブルを解決することが探偵事務所の仕事ですが、まだまだ探偵事務所に依頼をすること自体に不安を抱えている方が多い事も事実です。私個人は平々凡々で普通の人間で、弊社に相談にお越しいただいた方にはそれが本当だと(笑)分かっていただけるのですが、会う前までは不安を感じたり心配になったりしているお客様が多くいらっしゃいます。

探偵のイメージは決して良いイメージばかりではないので、間違ったイメージを払拭することも探偵の仕事をしている自分たちの仕事です。探偵事務所がどのようなサービスを行い、依頼をすることでどのようなメリットがあるのか、安心して依頼を出来るサービスなのかなど、発信しなければいけない情報はたくさんあります。

このブログもその一つの手段です。そして、私たちガルエージェンシー東京上野はFacebookでも情報発信を行っています。今年になって”いいね!”の数が500件を超えました。目標の1,000件までやっと折り返し地点です。皆様、ぜひ”いいね!”をお願いします。

Facebookの500いいね.jpg
ガルエージェンシー東京上野 Facebookページ

また、私はTwitterを行っていますので、お時間がある方はぜひご覧ください。探偵としての情報発信は勿論ですが、日常の他愛もないつぶやきをご覧いただければ、平々凡々で普通の人間だなと思っていただけるのではないかと思います(笑)

探偵のTwitter
ガルエージェンシー東京上野の所長高木のTwitterページ

FacebookやTwitterなどのSNSは情報発信をする手段としては、とても効果的です。しかし、誰でも情報発信ができるので、どの情報が正しくて、どの情報を信用して良いのかを見極めることは簡単ではありません。だからこそ私は正しい情報を発信し、たくさんの皆様に探偵を利用していただけるきっかけ作りをしたいと思います。

そして、正しい情報の中には探偵を利用することのメリットだけでなく、デメリットなども存在します。それを出来る限り包み隠さず紹介し、「探偵の事ならあの人に聞けば大丈夫」と思っていただける案内人のような存在になりたいとも思っています。

2017年の目標はたくさんあります。たくさんのお客様にガルエージェンシー東京上野をご利用していただくこと、ご利用していただいたお客様が満足するサービスを提供し、幸せになっていただく為のお手伝いをすること、探偵という仕事を知っていただく為の情報発信を続けることなどです。

失敗や後悔があったとしても、やり残しをすることが無い一年にしたいと思います。皆様、本年も一年どうぞ宜しくお願い致します。本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

ガルエージェンシー東京上野のトップページに戻る

 

過去の記事一覧

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ページトップ