浮気調査を東京でお探しなら弊社にお任せください!

ガルエージェンシー東京上野 老舗グループ
見積もり・相談無料
フリーダイヤル ヘッター画像 メール相談お問い合わせ
浮気調査・不倫調査・企業調査 ヘッター画像 探偵業届出証明番号 東京都公安委員会 第30150056号

所長プロフィール

ガルエージェンシー東京上野
代表 高木 俊介

剣道とサッカーに夢中になった少年時代

私は1978年に茨城県で生まれました。
日本百名山の一つである筑波山が臨める町で、自然が豊かなのんびりとした環境で育ちました。
幼少期は3歳上の姉の真似を何でもしたがり、いつも後ろをくっついて歩いていたそうです。 両親が共働きだったので、祖母との時間を過ごす事が長く、おばあちゃん子でもありました。
甘えん坊で泣き虫、幼少期の私はそんな性格でした。
ちなみに筑波山は関東の山の中では西の富士、東の筑波と評されるほど美しい形をした山なんです!
877メートルと登山をするにも比較的楽な山なのでぜひ遊びに来て下さい。

小学校にあがると剣道を始めました。武道の精神である「心技体(心を鍛えること、技術を身につけること、取り組む姿勢を正すこと)」を学び、ひ弱だった私も少しずつ鍛えられていきました。中学校卒業時まで続け、有段者となることが出来ました。
高校生の頃には世の中はJリーグブーム、私ももれなくそのブームに乗っかり、カズこと三浦和良選手に憧れてサッカーに夢中になる毎日が始まりました。三浦選手がつけていた11番の背番号をつけたかったのですが、初めて貰った背番号は3番でがっかりした記憶があります。

日本語と日本文学を学んだ大学時代

幼少の頃から読書が好きだった私は日本語と日本文学を学べる大学に進学し、近代日本文学を学べる学科を専攻しました。美しい日本語を使うことは感性を磨き、品がある人間を作ると思っています。
ただ、当時はチョーなどの若者言葉は普通に使っていました。若者言葉を理解することも日本語を理解する為の一つですから…。ちなみに私の卒業論文は「日本語における若者言葉の意味用法の考察」でした。

就職活動の時期になり、自分はどのような仕事をしたいのだろうかと悩む時期がやってきました。
横溝正史や江戸川乱歩などの探偵が主人公の推理小説が好きだった事で、子供の頃から漠然と探偵という職業に興味は持っていましたが、探偵という職業が本当に世の中にあるのだろうか、あればなってみたいという考えが現実的になっていきました。
そうした中で探偵学校という探偵になる為の専門学校があることを知り、入校することを決意しました。
お洒落なスポーツカーに乗りたいと思って大学4年間貯め続けたバイト代が入学費に消えた時は、お金の儚さを感じたと共に絶対に探偵になるんだという決意が湧いたことを覚えています。

探偵になって

探偵学校で学び始めた私は憧れていた金田一耕助や明智小五郎など小説に登場する探偵とは180度違う本物の探偵の世界に魅了され、探偵学校を卒業後は業界最大手の探偵社であるガルエージェンシーに就職し、探偵としてのスタートを切りました。
依頼内容によっては20代前半の私には刺激が強すぎる内容がありましたし、人は誰でも浮気をする、誰でも嘘をつくということが分かり、人間不信になることもありましたが、それを深く考えている暇がないほどがむしゃらに働きました。
そんな中で私が幸運だったのは素晴らしい先輩方と出会えたことです。
当時探偵をしていた方々は良い意味で個性的、悪い意味であくが強い方ばかりでした。
しかし、皆さんに共通していたことは探偵という仕事に誇りを持っていたということです。そのような個性的な先輩方の指導のおかげで、決して優秀でも器用でもない普通の私が探偵として高い技術を身につけることが出来ました。

挫折からの気づき

探偵になって数年が経ち、調査現場では絶対の自信が芽生えていた頃、私が参加した調査が失敗し、お客様に大変な迷惑を掛けてしまいました。
なぜ成功出来なかったのか、実績も経験も十分に積んでいた私が初めてぶつかった壁でした。
どうすれば調査が成功出来るのか、なかなか答えが出せなかった私は探偵の意義を改めて考えました。そして、ようやく一つの答えを導き出す事が出来ました。
私はそれまで調査を成功させればお客様の悩みが解決出来ると思っていましたが、それは間違いだったのです。
正解はその考え方とはまったくの逆だったのです。

気づきからの成長

それまでは困難な証拠を掴むこと、手掛かりのない行方不明者を探すこと、調査を成功させることを目的に探偵の仕事を行っていました。
しかし、探偵の仕事の目的は調査を成功させることではなく、お客様の悩みを解決することなのです。
それまでの私は困難な調査をどのように成功させれば良いか、自己満足で調査を行い、お客様の気持ちや悩みに向き合わず、お客様の悩みを解決する為の調査をしていなかったのです。

探偵はお客様が抱えた悩みや想いを共有し、悩みを解決できた後に描いている幸せな人生を理解して調査を行わなければいけない。そそのことに気付き、悩みを解決する為にどのように調査を成功させれば良いのかを考え始めたことで、今まで困難だった調査が驚くほど成功していきました。
探偵の意義を再確認し、実績と経験を積み上げた事によって、私は調査現場の責任者に抜擢され、たくさんのお客様の悩みを解決して行くことが出来ました。

探偵から経営者へ

24歳で探偵になった当時の目標は30歳での独立し、自分で探偵社を経営するということでした。
その目標を実現して30歳の時に独立し、ガルエージェンシー東京上野を開業しました。
探偵としては十分な技術を身につけていましたが、経営者としての私の経験は全くのゼロ、直面する全てが困難で悪戦苦闘をする毎日でした。

それでも考える事はただ一つ、あの時悩んで導き出した答え、お客様の為にどうすれば良いのかを真摯に考えて調査を行っていくことで、少しずつ経営が軌道に乗っていき、たくさんのお客様に満足をしていただけるようになりました。

探偵社の意義、私の役目

今年で探偵になって15年目になります。
24歳だった年齢は38歳になり、依頼をしていただくお客様の年齢と近い年齢になりました。
20代の頃は30代や40代のお客様の考えを理解することは簡単ではありませんでしたが、年齢を重ねたことによってリアルにお客様の想いを共有できるようになりました。
恥ずかしながら探偵として味も出て来たような気がします。

探偵の意義は真実によってお客様の悩みを解決し、幸せに導くことです。
その為に私がすべきことはお客様の目線で物事を考えること、それはサービス業としての基本でもあります。
悩みを抱えたお客様に安心して探偵を利用していただく為に常にそれを忘れず、一人一人のお客様に真摯に対応していかなければいけません。
一人でも多くのお客様のお役に立てるような探偵事務所を作り、これからもお客様を笑顔にするお手伝いをしていきたいと思います。

お見積り・ご相談は無料です。
24時間・年中無休で営業

秘密厳守お電話でのご相談 電話でのご相談はフリーダイヤル
メールフォームから相談

ペー
ジトップ